研究内容紹介


@耐摩耗用高合金鋳鉄(高クロム鋳鉄、高炭素高速度鋼系合金など)の乾式及び湿式耐摩耗性

A耐摩耗材料のころがり疲労特性

B耐摩耗材料の静的破壊じん性(KTC)

C耐摩耗材料のヤング率測定(宇部市の超高温材料研究センターの装置を借用)

D耐摩耗材料の熱処理特性及び凝固組織

E耐摩耗材料の被削性 

F硬化表面処理した軟鋼、アルミニウムのころがり疲労特性

Gものづくり技術教育に関する教材開発

 アルミニウム空き缶を溶解、鋳造する授業実践の様子です。
Juniior high school pupils are carrying out the experimental exercise which makes aluminium castings by using a small furnace and used aluminium cans.

画像は向かって左と中央がアルミ缶を鍋に投入しているところ、
そして右が砂型に溶融したアルミニウムを流し込んでいるところです。
Condition which pupils are carrying out melting of used aluminium cans by using a small furnace.(Left and Center)
Condition which a pupil is carrying out pouring melted aluminium into a sand mould. (Right)


鋳造された家紋、ネームプレート、キーホルダーです。
Paper weights which the crest of the family are decorated on the surface.(Left)
Parts of key holders(Right)

H水質浄化に関する研究(共同研究)

I英国の技術教育