HOME > 最近の卒業研究


最近の卒業研究

過去5年間の卒業論文題目は次の通りです。

平成28年度

卒業論文題目
指導教員
地方の公共交通を考える〜日本各地のバス路線の比較から〜 荒木一視
消防車台数からみた中国の地域構造 荒木一視
イスラームから見た十字軍 岩崎好成
中学校社会科歴史的分野における問題解決的な授業づくりについて〜子どもが主体的に学習に取り組むために〜 岩崎好成
2016年熊本地震の被害分析 楮原京子
鈴木大拙と清沢満之における『即非の理論』 佐野之人
なぜ嘱託殺人は犯罪なのか 松原幸恵
食生活から見た戦時下日本 森下 徹
食生活から考える山口県の地域社会 森下 徹

平成27年度

卒業論文題目
指導教員
スーパー・量販店における醤油販売の地理学的研究ー地場産業生き残りの観点からー 荒木一視
「エル・クラシコ」と「オールド・ファーム」ーダービーマッチと民族,宗教ー 岩崎好成
アメリカのスポーツ文化に関する歴史的考察ーMLBの歴史と文化ー 岩崎好成
四国北西部の中央構造線断層露頭の現状と活用ー天然記念物に指定されている露頭に着目してー 楮原京子
対話と交わりーフレイレとヤスパースにおけるー 佐野之人
公共とは何かー「私たち」という視点でー 佐野之人
民法における時効制度の存在理由 松原幸恵
労働環境におけるセクシュアル・ハラスメント 松原幸恵
江戸の芸能とジェンダー 森下 徹
社会科学習過程におけるフィールドワーク型学習の構成法 吉川幸男
歴史教科書の活用法と歴史理解の形成 吉川幸男
社会科授業における「戦争記憶」意義と活用 吉川幸男

平成26年度

卒業論文題目
指導教員
聖地としてのディズニーランドを構築するものは何か? 荒木一視
道の駅に関する地理学的研究 荒木一視
「普通」の人びととホロコースト 岩崎好成
中学校歴史教育における討論授業についての考察ー加藤公明実践からの学びを通してー 岩崎好成
宇部市におけるハザードマップの検証 楮原京子
インターネット炎上に関するルールつくりについてーよりよいインターネット環境をつくるためにー 松原幸恵
死刑のある国で絞首刑を選択する意味 松原幸恵
湯田温泉街の形成と変容 森下 徹
ダイアローグによる歴史学習の基礎的研究ーオーラル・ヒストリーを視点にー 南浦涼介

平成25年度

卒業論文題目
指導教員
近代観光地としての湯田温泉と別府温泉の比較 荒木一視
ガソリン価格の地域格差に関する考察ー山口県を事例としてー 荒木一視
陰謀論とフリーメーソン 岩崎好成
ドイツ・ポーランド関係と国際歴史教科書対話 岩崎好成
日本のセーフティネットー生活保護行政から考えるー 松原幸恵
これからの運動部活動の在り方ー桜宮高校体罰事件から見えてきたものー 松原幸恵
教育の本質とは何かー葛藤と成熟の研究ー 佐野之人
人に生きる意味はあるのかー真理の探究と転換ー 佐野之人
新撰組を通して見る「レキジョ」の歴史意識 森下 徹
社会科教師のライフヒストリー研究ー大学卒業後の教師の成長に注目してー 南浦涼介

平成24年度

      
卒業論文題目
指導教員
なぜナイキは有力なサッカーユニフォームのサプライヤーになれたのかースポーツメーカーのブランド力ー 荒木一視
十字軍と「聖戦」論 岩崎好成
帝政期ローマの生活と政治ー「パンとサーカス」のローマ社会史ー 岩崎好成
哲学は役に立つのかー教養と教育から考える哲学有用論ー 佐野之人
日本における社会の規律化・管理化松原幸恵
体罰とは何か 松原幸恵
厳罰化する少年法ー光市母子殺害事件から考えるー 松原幸恵
武士像の形成について 森下 徹
写真活用を基にした社会科授業 吉川幸男
社会科授業における討論授業の再検討 吉川幸男
社会科授業におけるズレの原理的考察 吉川幸男

地理学研究室

山口地理学会

〒753-8513
山口市吉田1677-1
山口大学教育学部
社会科教育教室
k-kago@yamaguchi-u.ac.jp