山口地理学会

?
?

山口地理学会は山口県を中心とした地方地理学会で,発足は1947(昭和22)年5月8日である。発足以来,「エリア」,さらに「山口地理学会年報」,「エリア山口」と会誌の発行を継続している。


創立期(1947-1949);地学・生物学などを含んだ広義の地理学の会で,会合は毎月行われていた。2年4ヶ月の間に28回の会合を持ち69の研究発表が行われた。


エリア期(1949-1956)1949年春,山口大学が創立,文理学部に地学教室が設置されたため,同年9月より山口地理学会は領域を地理学に純化縮小し,組織を整えるとともに会誌「エリア」を創刊した。「エリア」は1955年の第13号まで刊行された。事務局のおかれた山口大学教育学部地理学研究室のスタッフは浜田清吉1人であった。


年報期(1956-1970)1956年事務局のおかれた山口大学教育学部地理学研究室のスタッフが3名となり,「エリア」を発展的に解消して「山口地理学会年報」を創刊した。同年報は1968年の第5号まで刊行された。


エリア山口期(1970-);新たに「エリア山口」を創刊,毎年1回の刊行を維持しながら今日に至っている。この間,アメリカ西岸(1979),オーストラリア(1982),韓国(1993)と3回の海外巡検を行う(前2回は成果報告書を刊行)などの活動を続けている。


年間を通じてのレギュラーな学会活動は,2月例会と夏に実施される総会,研究会,巡検会(1泊)である。研究発表はこの2回で,会誌「エリア山口」は毎年1月頃刊行される。


近年の巡検会

  • 2012年:下松市 山下工業所
  • 2013年:防府市 中国・九州北部豪雨災害跡地
  • 2014年:岡山県児島地区 ジーンズストリート
  • 2015年:広島市安佐南区 広島豪雨災害地
  • * これまでの巡検一覧>>>>>>junken.pdf1948+)


    エリア山口

    山口地理学会では会誌「エリア山口」を年1回発行しています。

  • エリア山口バックナンバー >>>>> areaback.pdf 1949+)
  • 山口地理学会年報バックナンバー >>>>> nenpoback.pdf 1956-1968)
  • 交換先一覧 >>>>> exchange.pdf
  • * ダウンロードページへ


    なお,投稿規定は以下の通りです。

    1. 投稿資格 特別の場合を除き,投稿は本会の会員に限る。投稿は本学会において口頭発表した内容のものであることが望ましい。

    2. 原稿の種類と制限枚数 論説・研究の場合は400字原稿用紙(横書き)30枚以内とする。それを越える場合は超過分実費を執筆者の負担とする。資料その他は原則として同15枚以内とする。

    3. 図表・写真 図表・写真は必要で最小限であること,図表・写真はいずれも別紙とし,本文原稿欄外に挿入箇所を朱書きにて指示する。図表には題,写真には説明文を付し,番号をつけること。製版は原則として1段幅(68mm)から2段幅(140mm)になるのでスケールを考慮のこと。

    4. 英文題目 題目を英訳し,原稿の末尾に付すこと。

    5. 参考引用文献 次の要領で記載する。

     1)山口太郎(1980):防府平野の開発.エリア山口,第8号,pp.25-29.

     2)吉田 学(1981):新田開発の研究.平川出版,pp.131-152.

     3)Mayer, M.(1979):Urban Geographyand Chicago in Retrospect, Geogr. Rev., Vol. 67, No.1, pp.21-25.

     4)Boggs, S. W.(1940):International Boundaries. New York, 59p.

    6. 別刷 執筆者に50部を進呈する。50部以上必要な場合は事務局宛連絡のこと。

    7. 原稿募集 学会事務局にて常時受付ける。ただし,各号の受付期限は毎年11月末日とする。

    753-8513 山口市大字吉田1677-1 山口大学教育学部地理学研究室内 山口地理学会事務局 電話・ファックス 083-933-5320 

    沿革・学会活動

    会則

    1.名称 本会は山口地理学会(THE YAMAGUCHI GEOGRAPHICAL ASSOCIATION)と称する。

    2.目的 本会は地理学の研究とその普及発達をはかることを目的とする。

    3.事業 本会はその目的を達成するために,次の事業を行う。(1)研究会・講演会・巡検会の開催(2)会誌などの発行(3)その他本会の目的を達成するために必要な事業。

    4.会員(1)会員は本会の趣旨に賛同し,所定の会費を納めるものをもってする。入退会は役員会の承認を要する。(2)本会に対し,とくに功績のあったものを総会の議決をもって名誉会員に推薦することができる。

    5.役員 会員の互選によって会長1名,副会長1名,会計監査2名,常任委員若干名をおく。会長は本会を代表し,常任委員は会務を処理する。役員の任期は2か年とするも再任はさまたげない。

    6.会議 本会は毎年1回以上総会を開いて重要事項を議決し,随時役員会を開いて運営事項を審議処理する。

    7.年度 本会の年度は6月1日から翌年5月31日までとする。

    8.事務局 本会の事務局は山口市大字吉田1677-1 山口大学教育学部地理学研究室内におく。

    付則 1,本会の会則の施行に必要な事項を細則として別に定める。2,本会は支部をおくことができる。


    役員2015年度)

    会長;荒木一視

    副会長;藤田隆義

    常任委員;D.ミホバ, 礒永和貴,高田準一郎,白石健一郎,和田 崇,楮原京子

    監査;辻 美彦, 河村克典 

    links/上位へのリンク
    ?