本文へスキップ

〒753-8513 山口市吉田1677-1

教員紹介COMPANY

福田 修 Osamu Fukuda


【所属学生へのメッセージ】
原理・原則に基づいて考えようとする姿勢を身につけることを願っています。

【受験生へのメッセージ】
教育や子ども・若者の現状に問題関心のある方は,人間教育学コースにチャレンジしてください。

【主な担当授業】
教育原論・教育史・教育史演習T・教育史演習U

【研究分野】
日本勤労青少年教育史研究。戦前の日本では、義務教育を終えると上級の学校に進学せずに職業につく人たちが大半でした。国・地方自治体などはそのような青少年を対象として定時制の教育・訓練機関(実業補習学校・青年訓練所・青年学校など)を設置していました。これらの機関は何のために設置され、実際にどのような役割を果たしたのかを研究しています。


田中 理絵 Rie Tanaka


【所属学生へのメッセージ】
常に、教育・子どもに関する問題にアンテナを張って生活して下さい。学んでいる時も、遊んでいる時も、テレビを見ている時も、風呂に入っている時も。そして、新たな情報・発見を学友同士で持ち合い、自由に議論しあうようにしましょう。それが皆さんの血となり肉となり、卒論となるのです。

【受験生へのメッセージ】
教育って何だろう?という探究心をお持ちの方、是非、人間教育学コースへお越し下さい。さまざまな研究視点から迫る楽しさが、ここにはあります。朗らかで元気あふれる先輩と先生が待っています。

【主な担当授業】
教育社会学、教育調査法、教育社会学演習T、教育社会学演習U

【研究分野】
家族と子どもの発達の問題について研究をしています。幻の「あるべき論」ではなく、現代的問題を実証的・理論的に研究して、その上で課題と政策を考える方法をとっています(教育社会学のゼミ生は何を研究しても構わないのですが、この点だけは共通します)。この他に、共同研究で、子どもの仲間集団研究、子どもの居場所研究、学校統廃合の実証研究、子どもとマス・コミに関する研究などを行っています。主単著『家族崩壊と子どものスティグマ』(九州大学出版会)。

鈴木 宏 Hiroshi Suzuki


【所属学生へのメッセージ】
学生生活は1日1日が「学び」なのだということを実感できるよう、充実した生活を送ってほしいと思います。将来に悩んだり、自分のやりたいことが分からなくなったときも、目の前の課題に正面から取り組んでいけば、自ずと道は拓けてきます。

【受験生へのメッセージ】
「教育」という言葉ひとつをとっても、1人1人がもつイメージは違います。それを共有し、議論し、深め合うことに教育を学ぶということの意義があります。私たち教員も、皆さんと一緒に教育とは何かについて考えていきたいと思っています。

【主な担当授業】
教育哲学、教育哲学演習T、教育哲学演習U、道徳教育

【研究分野】
ドイツの哲学者カントの教育哲学に関する研究を続けてきました。現在は、カントの平和論に依拠しながら、これからの平和教育のあり方について思索を深めていきたいと思っています。

【趣味】
大学時代はスカッシュをやっていました。体を動かすこと全般は大好きで、ここ何年かは定期的に筋トレを続けています。

熊井 将太 Shota Kumai


【学生へのメッセージ】
問題関心は、自分が関係している環境や世界に対する「あれっ?」という思いから生まれます。ただし、自分がその世界に関係しているという意識なしでは、こうした思いは生まれ難くなります。傍観者でなく、当事者として、教育や子どもを考える思考を身に付け、共に語り合いながら進んでいきましょう。

【受験生へのメッセージ】
色々な人がいるから、そこに議論が生まれ、刺激が生まれます。教育が好きな方、教育に強い関心を持っている方は勿論のこと、教育に疑問を持つ方も是非人間教育学コースへお越し下さい。

【主な担当授業】
教育方法学、教育方法学演習、特別活動、生徒指導概論

【研究分野】
現代の教育改革の議論の中で常に問題とされながらも、学校教育の基本形態として維持され続けてきた「学級」という組織は、教育や授業にとってどのような意味を持っているのかという問題に関心があり、教育学の歴史の中で学級がどのように論じられてきたかを研究しています。また、学級の教育力を活用する教育実践のあり方やその構築方法にも関心を持っています。

【趣味】昔から卓球をやっていますが、最近はあまりできていません。
    今は子どもと遊ぶのが一番の楽しみでしょうか。

山口大学 教育学教室

〒753-8513
山口市吉田1677-1