命題1

線分は平面上もしくは平面の1部において決して角度をもってはならない。

 なぜなら、もし可能であるならば,直線ABC1部をABとしてBCを平面から角度をもたせたものとする。

 そのとき、平面とつながった直線をとることができる。それをBDとする。それゆえABは直線ABCABDの同じ形式を持つ2つの直線にふくまれる。それは不可能である。なぜならば、Bを中心にABを半径として描いたならば,直径は円周を等しく切ることはできない。      

証明終了

 


第11巻命題2へ 第11巻目次へ