Q1.大学でメールアドレスをもらったんだけど、そのメールチェックには大学に来ないといけないのですか?
A1.いろいろ方法があります。


 まずメールアドレスについてですが、山口大学では入学してきた学生全員にメールアドレスを1つずつ与えています。また教育学部でも独自にマシンがあるために教育学部の学生にさらにもう1つずつアドレスが与えられています。そして、数理情報コースでも独自にマシンがあるためにさらにもう1つ、計3つのアドレスが山口大学教育学部数理情報コースの学生に与えられています。
 具体的にですが、アドレスを書いてみると、

********@sty.cc.yamaguchi-u.ac.jp(山口大学のアドレス) ・・・・・(1)
********@edu.yamaguchi-u.ac.jp(教育学部のアドレス) ・・・・・(2)
********@mis.edu.amaguchi-u.ac.jp(数理情報のアドレス) ・・・・・(3)

の3つです。(*****のところはユーザ名がはいります)
一般的に数理情報の学生は2番のアドレスを使っていることが多いようなので、2番のアドレスについて説明します。(他の2つについても内容は同じです。)


本題に入りますが、メールチェックですが大きく分けて2通りあります。
1.自宅からプロバイダ、大学のサーバーにダイアルアップしパソコンで確認する。
2.HTMLが表示できる携帯電話をつかう。


1番の場合、大学のサーバーやプロバイダに接続する手続きの方が大変ですが、接続が完了すればあとは簡単です。

Outlook Express5.0での設定の仕方。(2番教育学部の場合。)

他((1)、(3)のアドレス)の時も、(POP3),(SMTP)のところをアドレスの@以下(例:(1)ならsty.cc.yamaguchi-u.ac.jp)を書けばO.Kです。


 2番の場合ですが、HTMLを表示できる携帯電話とは、現在ではDocomoのiモード対応携帯電話と、J-PhoneのJ-sky対応携帯電話があるとおもいます。ちなみにau(エーユー)のEzwebはだめです(HDMLという独自の言語をつかっているため)。(PHSのエッジはわかりません・・・)

まず、これはどちら(iモード、J-sky)でもO.Kな方法ですが、まず、URLを入力できる画面にします。
(iモードの場合iボタンを押し、5番の"Internet"を選択します。)
(J-Phoneの方は説明書を見てください。機種によって異なります。)
そして以下のURLを入力します。
http://www.sjk.co.jp/index_ j.html
そうしたら、四角で囲まれたユーザ@サーバーというとこに自分のメールアドレスを入力しパスワードとあるところにパスワードを入力します。
これで現在届いているメールのタイトルの一覧がでてくるので読みたいメールのタイトルをクリックすれば読めます。(詳しくはそのページにガイドがあるのでそこをよんでください。)

注意としては、携帯電話でみると以外にお金がかかってしまうことです。(iモードだと7〜10円くらい。)

そのほかにiモードだけのサービスですが、「リモートメール」というのもあります。(くわしくはiモードでご覧ください。)
しかし、これは月額200円の有料サービスですが、有料なだけあってとてもつかいやすいです。(数箇所のアドレスを指定できる等)

これらのことを参考にメールチェックをしっかりしていきましょう。
(成績をメールで送ってくる先生もいますので。)