場合分け
 場合分けをするには
 場合分けをするには、
  \[ \left\{
     \begin{array}{数式の位置(数式の数ほど)}
     数式1
     数式2
      :
      :
     数式n
    \end{array}
  \right. \]
または、
  \[ \cases{ 数式1 \cr
        数式2 \cr
        :
        :
        数式n \cr } \]
とします。
 \cases環境のほうが若干バランスが良いので、こちらを用いた方がよいでしょう。
 数式を1行に複数出力したいときには、数式を&で区切ると縦が揃い、バランスもよくなります。