積分・二重積分
 積分を出力するには
 積分を出力するには、
  \[ \int_下限^上限 \]
または、
  \[ \textstyle \int_下限^上限 \]
とします。
 積分記号を本文中に出力したいときは、
  $ \displaystyle \int_下限^上限 $
または、
  $ \inf_下限^上限 $
とします。
  \displaystyle
を入れると、文章中でも積分記号が大きく出力されます。 しかし、前後の行との文字の間隔が狭くなるので、あまり好ましくありません。

 二重積分を出力するには
 二重積分を出力するさい、
  \int\int
と書くと、積分記号の間隔が広くなってしまいます。
 二重積分を出力するときには、別行立ての式の中では
  \int\!\!\int
本文の中では、
  \int\!\!\!\int
というふうに数個の\!を入れるのがよいでしょう。 \!は負の方向に間隔を出力する記号で、 \!の前後にある文字の間隔が狭くなります。 下のように\!を入れたものと入れていないものを両方書き、 dvioutがどう違うか確かめてみてください。