表組み
 表組みをつくるには
 表組みをつくるには、
  \begin{tabular}{列指定}
    表本体
  \end{tabular}
と書きます。
 列の区切りには&を、行の区切りには\\を入れます。最後の行には\\は入りません。
 列指定は、

  l(left)
左寄せ
  c(center)
中央
  r(right)
右寄せ
を列数だけ並べます。
 例えば、下の例では、1列目が中央揃えで、2列目が左揃えで出力されます。





 表に罫線を入れるには
 罫線の入った表を出力には、基本的には、 表組みを作る場合と同じです。
 ただし、列指定では、1列ごとに | を入れなければなりません。 下の例では、上の例と同様に、1列目を中央揃えで、2列目を左揃えで出力し、 左右の | で表の罫線を出力しています。
 また、最後の行には\\を入れ、\\の後には
  \hline
を入れるようにしてください。