新しいスライドを作る(2)
 新しいスライドを挿入し、図形を入れたスライドを作る(クリップアートを用いる)
適切な図や写真を用いると、文字だけのプレゼンテーションよりをいっそう効果的にすることができます。
この第8章では、PowerPoint(Office)に最初から付属しているクリップアート、デジカメなどで撮影した画像を挿入する方法を説明します。
自分で矢印を書いたり、図を書いたりする方法については次の第9章で説明します。

クリップアートの挿入
クリップアートとは、PowerPoint(Office)に最初から付属している絵のことです。
クリップアートの数は非常に多いので「検索機能」を使うと便利です。
「検索機能」とはある単語を入力するとその単語に関連のある絵(クリップアート)を表示してくれる機能です。

 

クリップアートの挿入

 
クリップアートの挿入は以下の手順で行います。
1.メニューバーから
「挿入」→「図」→「クリップアート」の順で選択します(上の図)
2.「クリップアートの挿入」のウィンドウが現れるので、
「検索文字列」に検索したい文字を入れ、
「検索」のボタンを押します。(下の図)
 
検索文字列に検索結果としていくつかの図が表示されます。
その中から使いたい図があれば、
その図をマウスでスライドへドラッグします。
(使いたい図が無ければ、もう一度違う単語で検索し直してみてください。)
 
ドラッグした図がスライドへ挿入されました。