アウトラインの項目を編集するには?
アウトラインから編集を行うことで、文の編集だけでなく、
見出しレベルの上げ下げなどを行うことができます。
アウトラインから文章を編集する
左側のアウトラインの文章を編集してみます。
この場合、例として、「総合的に」の一文を削除してみます。
アウトラインを編集すると、それがスライドにも影響します。
この例の場合、「総合的に」の一文を削除したので、
スライドの方も「総合的に」の一文が削除されています。
 

 ★アウトラインでの編集は文字を追加・削除・修正するだけではありません。
そのほかにも、「文字レベルの変更」などが可能ですので、
アウトラインツールバーを使ったそれらの方法を説明します。

アウトラインツールバーの表示
「文字レベルの変更」には、アウトラインツールバーを使うと便利ですので表示させます。
表示方法は、
「表示」→「ツールバー」→「アウトライン」を選択します。
 
すると、アウトラインの左側に、
「アウトラインツールバー」が表示されます。
それぞれの項目の説明を以下に示します。
 
アウトラインツールバーの説明
■レベル上げ・レベル下げ
選択されている文のレベルの上げ下げをします。
■1つ(上・下)のレベルへ移動
選択されている文をレベルを変えて移動します。
■折りたたみ
大きな章(スライドのタイトル)を残して、それ以下を表示しないように折りたたみます。
■展開
折りたたみとは逆で、折りたたまれた文を展開して表示します。
■すべて折りたたみ
折りたたみをそのファイル全体に適用します。
(スライドのタイトルのみ見たいときに利用すると便利です)
■すべて展開
「展開」をそのファイル全体に適用します。
(詳細を一つ一つみたいときに便利です。)
■目次スライド
以降のページの目次を表示するためのスライドを挿入します。
■書式の表示
そのスライドで使用されている書式をアウトライン表示にも適用します。
 

文字レベルの変更例(レベル下げ)
アウトラインツールバーから
「レベル下げ」を実行してみました。
上の図のように、
「実践臨床教育課程」をマウスで選択し、
レベル下げのボタンを押すと、
1つレベルが下がり、右側にずれているのが分かると思います。
 
「すべて折りたたみ」の実行例
「すべて折りたたみ」を実行した例です。
表示が各スライドのタイトルのみになり、
全体の流れが分かりやすくなりました。
逆に元の表示に戻すときには
「すべて展開」のボタンをクリックします。