タイトルページの作成
プレゼンテーションをするときには相手に何を一番伝えたいのかを示す「タイトル」が重要になります。
そのため、プレゼンテーションのための最初のスライドには「タイトル」「発表者」などを書いたタイトルページを作るのが一般的です。
この章では一般的なタイトルページの作り方について作業手順を追って説明します。

レイアウトを変更する
タイトルページでは「タイトル」、「発表者」などを明確にするため大きく表示するのが効果的です。
そこで、あらかじめPowerPointに用意されているレイアウトを用いてタイトルページを作る方法を紹介します。

 

,離好薀ぅ匹離妊競ぅ鵑痢屏А廛椒織鵑魏,靴泙后
▲好薀ぅ匹離譽ぅ▲Ε箸鬟リックします。
すると右側に「スライドのレイアウト」が表示されます。

 

「スライドのレイアウト」の中から目的のレイアウトを選択します。
ここでは「タイトルページ」を作成するので、赤くなっているレイアウトを使います。
ここで示されている「罫線」は文字の配置を意味します。
(ただし、後から細かく変更することは可能です。)

 

選択すると編集中のスライドのレイアウトが変更されます。
PowerPoint2002では31種類のレイアウトが用意されています。