PowerPointの起動と終了
起動と終了は基本的な動作です。
頻繁に使う場合はデスクトップにショートカットを作っておくと便利です。

PowerPointの起動

PowerPointの起動にはスタートメニューから起動することができます。

これは新規作成する場合一般的です。
左下の「スタート」→「すべてのプログラム」→「Microsoft PowerPoint」と選択します。

スタートメニューから起動する

PowerPointを起動し、
以前作ったファイルを開くには、
メニューバーの「ファイル」→「開く」を選択します。

作ったファイルを開く(途中から編集する)

すると、下のようなウィンドウが開きますのでそこから
ファイルを選択します。
(PowerPointのファイルの拡張子は(.ppt)です。)


PowerPointのショートカットを作る

PowerPointのショートカットをデスクトップにつくるには
「スタート」→「プログラム」→「Microsoft PowerPoint」と選択し、
右クリックをします。

すると、下の画面のように新しいウィンドウが開きますので
「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」とすればデスクトップにショートカットをつくることができます。

ショートカットが下図のように作成されたら
ダブルクリックでPowerPointを起動することができます。


PowerPointの保存と終了

終了する前にはファイルを保存しておきましょう。
(保存せずに終了しようとすると「保存しますか?」と聞いてきます。)

編集中に保存したい場合は、
メニューバーの「ファイル」→「名前を付けて保存」とすれば保存することができます。

スライドを名前を付けて保存する

そして終了するには
メニューバーの「ファイル」→「終了」を選択します。

当然右上のコントロールボックスの×ボタンを押してもよいです。