全体の確認・資料の作成
スライドが一通り完成したら、全体の内容を確認してみましょう。
説明の順序とスライドの内容は良いでしょうか?

その後に、プレゼンをする際に準備すべき資料の作成方法を説明します。

全体の確認(表示の切り替え)

編集画面の表示方法で主な物の特徴を説明します。
これらの表示を目的に応じて使い分けて全体を確認してましょう。

標準の表示
●標準の表示です。
PowerPointを開いた時はこの表示になっています。

左側に縮小表示があるので編集中の前後のスライドを参照しながら
編集することが可能です。


一覧表示
●一覧の表示です。

スライドの中身はこの画面で編集できませんが、
全体を見ることができるので全体の流れを確認することが可能です。

スライドの順番も変更することができます。
(詳しくは7-3.スライドの順序を変更するを見てください。)


アウトライン表示
●アウトライン表示です。

アウトライン表示ではストーリーの流れを段落ごとに明確化できるメリットがあります。
(詳しくは7-4.アウトライン表示とは以下を見てください。)