新しいスライド(Word,Excelとの連携)

新しくスライドを作るときに、WordやExcelのデータを元にしたい場合は簡単に連携をとって作成できます。
この章ではそれらの方法について説明します。


Wordで作成した文書を取り込む
Wordのアウトライン機能を使って作成した文書はそのままPowerPointのスライドとして取り込むことができます。

まず、Wordのアウトライン機能で作ったファイルを用意します。
アウトライン機能とはPowerPointで紹介したものと内容は同じです。
(詳しくはPowerPointのアウトラインとは?を見てください)

Wordのアウトライン機能で作ったファイル

拡張子はリッチファイルテキスト形式(.rtf)がよいです。

それをPowerPointの「開く」から選択します。

すると、PowerPointにWordのアウトライン形式で作成されたファイルが
新しいスライドとして取り込まれます。

これもいままでに作ったスライドと同じように編集することができます。