表の挿入
 表の挿入
ツールバーの「罫線」ボタン(赤丸)をクリックしましょう。
すると、「罫線ツールバー」が表示されるので、左下にある、「表の挿入」(赤丸)をクリックしましょう。
このようなウィンドウが表示されるので、列数を2、行数を3に変更して、OKをクリックしましょう。
すると、3行2列の表が挿入されます。
セルについて
表の罫線によって仕切られた表の枠のことを、セルと言います。セルの中では、文字を入れたり改行したり、配置を変更したり、フォントの種類やサイズを変えたり、インデントの設定をしたりと、表の外と同じように文字列の編集ができます。そして、それぞれのセルは、入力された文字がはじめに仕切られた枠の大きさでは収まらなくなったら、自動的にセルを下に伸ばすようになっています。反対にセルの中の文字を削除すれば、表は縮みます。

演習問題:下の画像のように、表のセルの中身を入力してみましょう。

 表の幅、罫線の変更
まず、マウスポインタを左の図の部分(罫線上)に合わせます。
すると、マウスポインタの形がに変わるので、左の図の位置までドラッグしましょう。
表の幅がドラッグした位置まで、小さく変更されました。
このように、表の幅はマウスでドラッグするだけで、自由に調整することができます。幅は、広げることも狭くすることも自由です。幅を変えると、それに合わせて文字も伸縮し、枠の長さも自動的に調整されます。
続いて、表の線の種類の変更をします。
「罫線」ツールバーの「罫線を引く」(赤丸)をクリックしましょう。
次に、@をクリックすると、表の線のリストが表示されるので、ここでは、Aの二重線を選択しましょう。すると、マウスポインタの形がに変わります。
次に、マウスポインタを表の線上(@部分)に持っていき、Aのところまでドラッグしましょう。
すると、表の線(最上部)が二重線に変更されます。
演習問題:以下の画像のように表の幅、罫線を変更しましょう。ただし、表の罫線は、ないものとする。