送信メールの保存

このページの内容

受信したメールは何も操作しなくとも自動的に保存されるので、あとから何度でも確認することはできますが、時には自分が書いた内容を確認したり、同じ内容のメールを何通も出したりする必要もでてくるでしょう。そのような時のために、ここでは送信するメールを保存する方法を解説します。

これまでは、相手から来たメールは保存されましたが、自分の出したメールは保存されていませんでした。自分が言ったことを忘れないように、自分の出したメールも保存してみましょう。

1.送信メール保存の設定

  1. 「設定」メニューより、「送信メールの保存」を選び、クリックする。



  2. 右上にある「追加」のボタン(折れた矢印のマーク)をクリックする。
  3. 「送信メールの保存設定」のウインドウが出てくるが、左上の「保存」のところで「ローカルフォルダーに保存する」の前の丸印をクリックし、黒丸が表示されるようにする。



  4. 右中央の「参照(B)」ボタンをクリックする。



  5. 「フォルダーの選択」のウインドウが開くが、右上の「新規作成」ボタンをクリックする。



  6. 「新規フォルダーの作成」のウインドウが開くが、空欄に「送信済みメール」と入力する(実は新規フォルダーは自分の好きな名前でよいが、以下では「送信済みメール」と入力されたと仮定して説明する)。



  7. 右下の「OK」ボタンをクリックする。



  8. 右中央の「参照(B)」ボタンをクリックする。



  9. 「フォルダーの選択」のウインドウに「送信済みメール」フォルダーが出てくるので、それをクリックする。そうするとフォルダーが開いた状態になるので、それを確認して、右下の「OK」ボタンをクリックする。



  10. 中央にある「保存先フォルダー」に「送信済みメール」と入力されているはずである。それを確認して、右上の「OK」ボタンをクリックする。

これで以後は、自分の出したメールが保存されます。確認してみましょう。

2.送信メール保存の確認

  1. Mai の「送信メールを作成作成する」のボタンをクリックし、メールを送信する。



  2. Mai の左に黄色の「C:\Program Files\KiKu\Mai\MaiHome」という名前のフォルダーをクリックすると、その下に「送信済みメール」という名前のフォルダーが出てくる。それをクリックする。



  3. 先ほど、自分が送信したメールのヘッダーが右に出てくるので、それをダブルクリックしてメールの内容を確認する。



注意:

もう一度、自分に来たメールを見るには、左にある「_MaiP」という名前の赤色フォルダーをダブルクリックします。以後は、自分に来たメールは「_MaiP」に、自分が出したメールは「送信済みメール」に保存されます。

演習問題

受信したメールにせよ、送信したメールにせよ、ためすぎには注意しましょう。

問題:受信したメールを送信者ごとに分類しなさい。

ヒント:「_MaiP」と書かれたフォルダを右クリックし、「新規フォルダ」で新しくフォルダをつくってみましょう。

解答を見る