署名をつけてみよう

このページの内容

届いたメールをよく見ると、メールの一番下に送信者の名前やメールアドレスが書かれていることに気づくでしょう。
これが署名と言われるもので電子メールを出す上では非常に大切なものです。
これがないメールは、「差出人不明の手紙」ということになってしまいます。親しい友人にメールを出す場合でも、忘れずに付けるように習慣付けておきましょう。

電子メールの一番下には、大抵メールを送った本人の所属や連絡先が書いてありますね。これが署名(シグニチャ)です。署名は登録すれば、簡単に入力できるようになります。これをやってみましょう。

1.署名の登録

まず、署名を登録します。次のようにしてください。

  1. 「設定」メニューから「テンプレート/署名」を選び、クリックする。



  2. 「テンプレート設定」のウインドウが開きますから、左上の「文頭・文末」の「文末(署名)(L)」の前の白丸をクリックし、黒丸が出た状態にする。



  3. 右上にある「名前(N)」のすぐ下にある空欄に自分の名前を入力する。



  4. 下の「内容(C)」の部分に自分の署名を書く。



  5. 右中央の「OK」ボタンをクリックする。


2.署名を使ってみる

それでは、登録した署名を使ってみましょう。次のようにしてください。

  1. Mai の「送信メールを作成する」のボタンをクリックする。



  2. 右下の「文末(署名)」の下の欄に自分の名前があるのでそれをクリックし、名前が反転されたら、そのすぐ左にある「選択保存」のボタンをクリックする。



  3. あて先、タイトルを入力し、右上の「OK」のボタンをクリックする。



  4. すでにメールに署名が入っているので、そのままメールを書く

演習問題

問題:書名の書き方は人それぞれです。自分が最も適当であると思う署名を作成してください。

ヒント:答えは一つではありませんが、決して欠けてはならない要素があります。それを忘れないように注意してください。


解答を見る