このページの内容

ファイルの一般的な操作方法を学びます。


ファイルのコピー

マイドキュメントを開きます。

アイコン(この場合は「テスト」)をクリックすると、アイコンが選択され、ウィンドウの左側下に、アイコンの情報が表示されます(詳細の中が表示されない場合は、をクリックすると表示されます)。

アイコンを右クリックして、「コピー」をクリックすると、「テスト」がクリップボードという所にコピーされます。

ファイルをコピーではなく、移動(元のファイルを消す)時は、ここで「コピー」ではなく、「切り取り」を選択します。


2-7-2の演習で作った「テストフォルダ」の中に「テスト」をコピーします。まず、「テストフォルダ」をダブルクリックし、テストフォルダの内容を表示させます。

次に、何もないところにマウスポインタを合わせ、右クリックして、「貼り付け(P)」を選びます。

そうすると、「テスト」が「テストフォルダ」にコピーされました。

ドラッグ&ドロップ(D&D)
  移動させたいファイルのアイコンを左クリックしてボタンを押したままマウスを動かし(ドラッグ)、移動先のフォルダのウィンドウ内でマウスボタンを離す操作です。マウスのドラッグ操作を行って、その対象物を別の編集画面や、アイコンなどに重ね合わせて、機能を実行することもできます。

ドラッグ&ドロップによるファイルの移動

次に別の方法で、「テスト」を「テストフォルダ」の中にコピーしてみましょう。先に、「テストフォルダ」の中にある先ほどコピーした「テスト」を削除しておいてください。
まず、「テスト」を右ボタンを押しながら、「テストフォルダ」へドラッグ&ドロップします。


マウスの右ボタンをはなすと、メニューが出てきますから、「ここにコピー」を選んで、左クリックしてください。

同じようにドラッグ&ドロップでデスクトップにファイルをコピーして下さい。

別のウィンドウへドラッグすることもできます。また、左クリックでドラッグ&ドロップした場合は、同じドライブ内であれば移動、違うドライブ間であればコピーが自動で行われます。

タスクによるコピー

ファイルを選択した時に、ウィンドウ左側に表示されるタスクでもファイルをコピー、または移動させることができます。
まず、ファイルを選択し、左のタスクから「このファイルをコピーする」をクリックします。
移動の手順も全く同じです。タスクから「このファイルを移動する」をクリックしてください。


「項目のコピー」ダイアログが表示されるので、目的のフォルダを選択して「コピー」ボタンをクリックしてください。

このタスクによるコピーや移動は、デスクトップやエクスプローラでは利用できないので、普段はコピーと貼り付けやドラッグ&ドロップで行うことが望ましいです。


ショートカットの作成

ショートカットは、ファイルに対する近道となるファイルです。例えばデスクトップにあるファイルのショートカットを置いておけば、デスクトップから直接そのファイルを開くことが可能です。
また、アプリケーションのショートカットを作ると、スタートメニューを開かなくとも簡単に目的のアプリケーションを起動することができます。

まず、「エクスプローラ」を起動し、「C:」→「Program Files」→「Windows NT」→「Accessories」と、「WORDPAD」があるフォルダに移動しましょう。

WORDPADのショートカットをデスクトップに右クリックでドラッグしましょう。

メニューが表示されるので、「ショートカットをここに作成」をクリックします。

今、デスクトップ上に「WORDPAD」のショートカットがあるので、そのアイコンをダブルクリックして、「WORDPAD」が起動することを確かめましょう。
このように、ショートカットを作れば、プログラムを簡単に起動することができます。

デスクトップ上にある「wordpad へのショートカット」を右クリックして、名前の変更をクリックします。

好きな名前を入力しましょう。

演習

・デスクトップに「ピンボール」のショートカットを作りなさい。なお、ピンボールのフォルダは「C:\Program Files\Windows NT\Pinball」です。
・「フォルダの操作」のところで作った「テストフォルダ」に「マイ ドキュメント」の中の「マイ ピクチャ」にある絵をコピーしなさい。

解答を見る