メモ帳を使ってみる

この章の内容

ここでは、Window の操作方法を学びます。
簡単な操作でWindow の位置や大きさを変えたり、 Window を切り替えたりできます。

Window の各部の名称


ウィンドウの大きさの調整

(1).ウィンドウサイズを変更するには??

ウィンドウの右下の所にポインタを持ってくると左図のような形になります。

ドラッグをすると、カーソルの動きに合わせてウィンドウの大きさが変化します。
大きくも小さくもできます。

(2).ウィンドウの大きさを最大にするには??

最大化ボタンをクリックするとウィンドウが最大になります。

(3).元の大きさに戻すには??

ウィンドウが最大になった後、元の大きさのウィンドウに戻すには元のサイズに戻すボタンをクリックします。

(4).デスクトップから消すには??

デスクトップからウィンドウを消すには最小化ボタンをクリックします。

(5).消えたウィンドウを元に戻すには??

デスクトップから消えたウィンドウは下のタスクバーにボタンとして表示されているので、そのボタンをクリックすれば元のサイズに戻ります。

ウィンドウのサイズは最適な大きさで

ウィンドウは、今まで記したようにさまざまなサイズに変更できます。用途に応じて自分が見やすいウィンドウサイズにしましょう。

ウインドウの位置の変更

ウィンドウの位置を変えるにはウィンドウのタイトルバー(上の青い部分)にポインタを合わせて、ドラッグします。ドラッグした位置までウィンドウが移動します。

 ウィンドウを切り替える

ここではメモ帳とInternet Explorerのウィンドウの切り替え方を2通りの方法で説明してます。

まず、スタートメニューからメモ帳と、インターネットエクスプローラを起動しましょう。

(1)左図のようにメモ帳のタイトルバーをクリック

(2)タスクバーのメモ帳のボタンをクリック

(1)、(2)のいずれかの操作をすることでInternet Explorerからメモ帳にウィンドウが切り替わります。

タスクバー

タスクバーにはウィンドウを切り替えるボタンが表示されます。タスクバーにあるボタンを見ることで現在開いているウィンドウを一覧できます。そして、使用できる状態にあるウィンドウは「へこんだ状態」で表示されます。

ウィンドウを閉じる

このボタンをクリックするとウィンドウが閉じます。