デザインしてカードをつくろう


[ では実際に作ってみよう ]

例としてバースデーカードを作成してみました。(登場人物は架空の人物です)


ここで使用しているのは以下の技法です。

これまでに学んできた技法

新しい技法

[ パス上文字ツール ]


 パスを作成して、「文字ツールボタン」長押しすると出現するツールです。これを選択し、パスの上でクリックするとパスが見えなくなり、そのパスに沿って文字が入力できるようになります。
 ここでは「おめでとうおめでとう」とスパイラルに使用しています。


完成







[ ハッチ効果 ]

 草むらを表現するにはこの技法がおもしろいでしょう。
ハッチ効果は、背景や素材感を表現するテクスチャとして利用する、わりと脇役的な使われ方が多いでしょう。ここではハッチ効果で生成された多数のオブジェクトを使って、まったく違ったイメージを作りました。
 この効果は、「一度にたくさんのオブジェクトを作り出してくれる効果」として使われました。

以下は手順です。



1.適当なサイズの正円を作ります。(塗りは草むらの色の基準になります。)

2.「フィルタ」→「インクペン」→「ハッチ効果」を実行すると下のようなウィンドウが現れ、設定を図のようにしてください





3.右上の図のようにハッチが施されたオブジェクトをばらばらにします。(手順は下図)



4.そのまま「オブジェクト」→「グループ解除」すると、左図のようにマスクされていた正円が選択できるので削除します。

5.残ったハッチをすべて選択し、整列パレットの「水平方向右に整列」をクリック。

6.まとめてグループ化もしておきましょう。最後に回転ツールで90度回転して完成。

 → 
草むら完成


[ Practice ]

 それではさっそく作成にはいってください。テーマは自由です。
 ただし、これまで学んだことを3つ以上使ってください。






2.Web Site を上手く利用しよう

3.CD Jacketを制作しよう