「使用頻度が高い」
デザイン向上のためのヒント

[複合パス]


[ 複合パス ]

写真の切抜き作業は専門的に感じ、一見難しそうですが、文字の形に切り抜く操作は意外と簡単です。
ここではタイを紹介するためのロゴを作成してみます。(なぜタイ?)

1.文字にあてはめたいビットマップデータを読み込みます。「ファイル」→「配置」を選び、切り抜きたい画像を表示させます。



2.文字を入力。写真を切り抜くのでフォントサイズは大きくしておいたほうが、より写真を多くみせることができます。
3.色は切抜きには必要ないので特に指定はありません。

4.文字をアウトライン作成。(文字オブジェクトになる)
5.文字オブジェクトを選択し、「編集」→「カット」







6.「ウィンドウ」→「レイヤーを表示」、パレット右下にあるごみ箱のとなりのボタンを押して、新しいレイヤーを作成する。
7.レイヤー1の左のチェックボックスをクリックし、カギ(編集不可能表示)をかける。
8.レイヤー2をクリック。(これを、「レイヤー2をアクティブにする」といいます。)

9.画像上にもどり、「編集」→「ペースト」操作をすると、さきほどカットした文字オブジェクトが出現する。







10.位置、大きさを決定したら、画像を覆い隠すような長方形オブジェクトを作成。
11.その長方形を選択、「オブジェクト」→「アレンジ」→「最背面」にし、文字オブジェクトの後ろに移動させる。
12.文字オブジェクトと長方形オブジェクトを複数選択(一つ選択してShiftを押しながらもうひとつをクリック)する。










13.「オブジェクト」→「複合パス」→「作成」を選択。

14.下のように文字がくりぬかれています。


















15.線の設定等、調整をして完成です。



[ Practice ]

それではみなさんも実際にやってみてください。画像を自由に持ってきて、それにあったテーマでロゴやメッセージを作成してください。






1.デザインの前にやってみよう

2.これやっておかなきゃ大変なことに!

3.デザイン作業に使えるテク

4.使用頻度が高いデザイン向上のためのヒント(マスク)

6.使用頻度が高いデザイン向上のためのヒント(グラデーション)