デザインのためのサポート


Vol.01 [ レイアウト ]


レイアウト

オブジェクトの重なりについて

 いくつかのオブジェクトが重なっていた場合、この後に説明するペイントを設定すると、大きなオブジェクトの下に小さなオブジェクトが隠れてしまうことがあります。
 このような場合、重なりの順番を入れ替えることが必要になります。
 覆い隠しているオブジェクトを選択し、「オブジェクトメニュー」→「アレンジ」→「最背面」を選びます。選択していたオブジェクトが一番後ろに行き、隠れていたオブジェクタが現れるはずです。


整列
 

ウィンドウメニューから「整列の表示」を選ぶと、整列パレットが現れます。複数のオブジェクトを選択し、各種ボタンで左右・上下・中心に沿って並ばせます。






複数のオブジェクトをグループ化


 複雑なデザインになると、関連するオブジェクトをグループ化(ひとまとめにしてひとつのオブジェクトとして扱う)すると効率的です。複数のオブジェクトを選択し、「オブジェクトメニュー」→「グループ」を選びます。
 これまでの複数選択とは違って、グループ化を解除しない限りひとつのオブジェクトとして扱われます。


オブジェクトをロックする

 形状や位置が決定し、選択や編集する必要がないオブジェクトはロックしてしまった方が、誤って選択することがなく、オブジェクトが多数ある場合に有効です。
 オブジェクトを選択し、「オブジェクトメニュー」→「ロック」を選びます。
 ロックされたオブジェクトは、ロックを解除しない限り、選択・移動・編集・消去等ができない状態になります。


ガイド

 基準となるガイドにより、より正確にオブジェクトを配置する目安になります。必要なところに線や曲線を引き、「画面メニュー」→「ガイド」を選ぶとガイドが作成されます。

グリッド

 方眼紙の方眼のことです。方眼の大きさは「環境設定」で設定できます。グリッドに「スナップ」を機能させておくと、ペンツールでの作画の際にアンカーポイントがグリッドに吸着され、グリッドに沿ったオブジェクトが作成できます(スナップ機能「画面」→「グリッドへスナップ」)。

スマートガイド

 「画面」→「スマートガイド」を選ぶと、マウスポインタが何を選択しようとしているのかを表示します。



Vol.02 [ ペイント設定 ]

プレビューモード
 カラー設定を確認するために「画面」→「プレビュー」を選び、プレビューモードに切り替えます。

線と塗り

 イラストレータでのオブジェクトに対するカラー設定は、線と塗りの部分でそれぞれに行います。
 線は縁取り考えれば良いでしょう。線幅はその太さです。塗りは内部をどう塗りつぶすかです。単色の他に、グラデーション・スウォッチと呼ばれるパターンに設定できます。

カラー設定

 カラーパレットを表示し、設定します。パレットからカラーモードを指定します。通常はCMYKモードにしておきます。カラー設定するオブジェクトを選択し、線と塗りごとにパレット内のスライダや色スペクトル内をクリックすることで色を指定します。もちろん色を塗らないという設定も可能です。この場合は透明となります。


線の幅と種類


カラーパレットの下部にある線種パレットで、線端や曲がったときの角の形、細かい波線の設定ができます。






1.デザインのためのベーシック

2.デザインのためのベーシックテク