デザインのためのベーシックテク


Vol.01 [ オブジェクトの選択(とにかくさわってみる) ]

選択

オブジェクトは選択された状態で初めて動かしたり、大きさを変えたり、消去することが出来ます。

オブジェクトを選択するには選択ツールを使います。選択されていないオブジェクトにポインタを近づけるとボックスマーク(実際にやってみてください)がつきます。その状態でクリックするとバウンディングボックスと呼ばれる外枠がつきます。逆に選択を外すには、選択ツールで余白をクリックします。

複数を選択する場合はShiftキーを押しながらクリックします(選択したもの全てを囲むバウンディングボックスが表示されます)。逆に複数選択された状態から、いくつかを選択からはずす場合も、Shiftキーを押しながら外すオブジェクトをクリックすると選択から外せます。

移動

選択されたオブジェクトはバウンディングボックス内をドラッグすることで移動できます。以前にもオブジェクトを移動させるときと同じように、Shiftキーを押しながら移動させると45度区切りの角度で移動できます。水平・垂直も同様です。

ペンツールをつかって

オブジェクトを選択した状態でペンツールに切り替え、引かれたパスの線上にペンツールポインタを重ねると、プラスマークがつきます。この状態でクリックするとアンカーポイントが追加されます。より複雑な変形を作る場合に有効です。

すでにあるアンカーポイントの上に重ねると、マイナスマークが出現します。この状態でクリックするとアンカーポイントが削除されます。

ダイレクト選択ツールを使う


アンカーポイントを動かしてオブジェクトの形を整えるにはダイレクト選択ツールを使います。
選択されていないオブジェクトにポインタを近づけるとボックスマークが表示されます。その状態でクリックするとアンカーポイントやパスを移動することが出来ます。
すでに選択状態のオブジェクトを編集する場合は、一度選択を解除して、選択し直す方がよいでしょう(確認しながらやると、誤って選択していたものを編集せずに済むからです)。
選択を解除するには余白をクリックします。



Vol.02 [ オブジェクトの編集(とにかくいじってみる) ]

アンカーポイントを移動する

ダイレクト選択ツールでオブジェクトを選択すると、アンカーポイントとパスが青色に表示されます。特にアンカーポイントはダイレクトに選択された場合、青で塗りつぶされたボックスで表示されます。

複数のアンカーポイントを選択するにはShiftキーを同時に押してクリックします。その状態でドラッグするとアンカーポイントを移動することが出来ます。



アンカーポイントを追加・削除

「オブジェクトの選択」の項でも紹介しましたが、これはペンツールを用いて追加する方法です。ペンツールで作画中に、パス上にペンポインタを近づけるとプラスマークがつきます。この状態でクリックするとアンカーポイントが追加されます。より複雑な変形を作る場合に有効です。

すでにあるアンカーポイントの上に重ねると、マイナスマークが出現します。この状態でクリックするとアンカーポイントが削除されます。

追加の場合はパスの上でないとアンカーポイントを追加できません。削除の場合もアンカーポイントの上でないと削除できませんので確認しながら選択し、行ってください。



パスの連結と平均

連結は線形上のオープンパス同士(この解説いる)をつなげる際に行います。連結したいオブジェクトそれぞれ二つのアンカーポイントを選択して(ひとつ目はクリック、二つ目はShiftキーを押しながらクリック)、「オブジェクトメニュー」→「パス」→「連結」を選択します。2点間にパスが引かれひとつのオブジェクトとなります。また、重なり合って一点に見える2点のアンカーポイントをひとつにまとめることも出来ます。

平均は二つのアンカーポイントの位置を平均的な位置に整えます。



Vol.03 [ オブジェクトの変形(とにかく変形してみる) ]

複製する

選択ツールを選び、複製したいオブジェクトを選択します。Altキーを押すとツールポインタが二重矢印になります。Altキーを押したままバウンディングボックス内部をドラッグすると、オブジェクトが複製されます。

拡大・縮小

選択ツールを選び、大きさを変えたいオブジェクトを選択します。バウンディングボックス上のアンカーをドラッグすることにより、拡大・縮小できます。

Shiftキーを押したままこの作業をすると、縦横の比率を保ったままで拡大・縮小します。Altキーを押したままこの作業をすると、オブジェクトの中心から拡大・縮小します。

拡大・縮小ツールの特徴は「基準点を設定して拡大・縮小することができる」(拡大・縮小のときにクリックするとそこが基準点になり、ドラッグすると拡大・縮小されます)、拡大・縮小ツールボタンをダブルクリックすると、数値入力できます。

回転させる

オブジェクトを選択後、回転ツールを選択し、ドラッグすると回転します。クリックするとそこが基準点になり、ドラッグすると回転できます。回転ツールボタンをダブルクリックすると、数値入力できます。

鏡に映ったように左右をいれかえる

リフレクトツールは鏡に映ったように左右をいれかえて変形します。オブジェクトを選択後、リフレクトツールを選択し、ドラッグするとリフレクトします。クリックするとそこが基準点になり、ドラッグするとリフレクトを行います。リフレクトツールボタンをダブルクリックすると、数値入力し、制御させることができます。

傾ける

シアーツールはオブジェクトを傾けることができます。ドラッグすると変形させ、クリックすると基準点を設定します。シアーツールボタンをダブルクリックすると、数値入力し、制御させることができます。






1.デザインのためのベーシック

3.デザインのためのサポート