デザインのためのベーシック

「線を引く」ここからデザインが生まれるのですが、イラストレータではアンカーポイントをつなげて直線や曲線を描くのです。
それでは実際に作画しながら進めていきましょう。さっそく準備してください。


Vol.01 [ ペンツール ]  直線・曲線1/2・コーナーポイント・tips(大まかに作図しよう)

 
1.直線の引き方

 まずは画面表示を「アウトライン」に切り替えてください。
ツールボックスから「ペンツール」を選択。(マウスポインタがペンのポインタに。)
ペンツールポインタの右下にバツが出ているのですが、これは「これから新しいオブジェクトを作る」ことを示しています。(この部分にはこれからどういった働きをするのかを表します。)
どこでもいいので、二ヶ所クリックしてください(ドラッグではありません)。2点を結ぶ直線が引かれます。二度目のクリックの際、Shiftキーを同時に押しておくと45度区切りで角度をつけることができます。線を引き終わったら、一度「選択ツール」を選んで、余白をクリックします。







 作画中に最初のアンカーポイント(右図の1)にペンツールを近づけると、丸いマークが出てきます。このときにクリックすると1と9がくっついて閉じられたオブジェクトになり、作図が終了します。









2.曲線を引く

 次は曲線です。直線の場合はクリックを二回でしたが、曲線の場合はドラッグです。ドラッグすると右図のように毛先がQのハンドルが出現します。

 このハンドルによって曲線の曲がり具合を調整します。ハンドルの長さを変えることによって曲線の大きさを変え、角度を変えることによって曲線の方向を変えます。


3.コーナーポイント

 曲線と直線が交互にあるパス、眼鏡橋のように連続した曲線のパスを作成するには、曲線途中のアンカーポイントをコーナーポイントにする必要があります。
 ペンツールで作図中であるなら、Altキーを同時に押すことでコーナーポイントに切り替わります。
 または、選択ツールで選択した後、ペンツールボタンをプレスし続け、「方向転換ツール」に切り替えると、いつでもコーナーポイントの切り替えをおこなうことができます。



4.おおまかな形をとる




ペンツールでパスを作成するのは、一度目では思うように描くことは非常に難しいです。まずはおおまかな形をとってからダイレクトツールなどで調整していくとよいでしょう。






Vol.02 [ 図形ツール ] 長方形・角丸長方形・楕円・正方形・正円・多角形・スター・スパイラル

1.図形をつくる

ペンツールのみでデザインしていくことは非常に時間がかかります。ツールボックスには簡単な図形を作成するツールがあるので、それを利用します。もちろんこの図形もアンカーポイントやパスがありますから、編集して複雑な形状を作る際の基礎部分として扱うことも出来ます。


2.長方形・角丸長方形の作成
 
Shiftキーを押しながら作図すると正方形が作られます。Altキーを押しながら作図すると数値入力し、それにより作図されます。

3.楕円形
 Shiftキーを押しながら作図すると正円が作られます。Altキーを押しながら作図すると数値入力し、それにより作図されます。

4.多角形
 
選択してクリックすると、辺の数と半径を入力し作成します。

5.スター
 
選択してクリック。星の数と大きさを入力し作成します。

6.スパイラル
 
選択してクリック。大きさ、渦の巻き込み具合、精度、向きを入力して作成します。






Tips: 図形ツールはさりげなく使おう。

見栄えがいいのでつい手を出しがちになってしまうこともしばしば。あくまでも幾何学的で正確な図形の作成ツールだということも忘れないでくださいね。



Vol.03 [ 文字入力 ]  入力・設定変更・編集・アウトライン作成


 文字設定パレットが表示されていると便利です。表示させるには文字メニューから「文字設定」を選択します。入力するには文字ツールを選択し、クリックすると、カーソル(アイビームという。)が点滅し、キーボードから入力できるようになります。





文字設定を変更する

 文字のフォントやサイズを変更するには、アイビームをポインタの状態で文字列を選択し(文字列の色が反転します)、文字パレットから変更します。
 あるいは選択ツールで文章を選択して、(文字列に下線が表示されます)文字パレットから変更します。文字を縦や横に引き伸ばしたい場合には、パレットメニューからオプションを表示してパーセンテージでサイズを決めます。




編集する

 すでに入力されている文章を編集したい場合は、文字ツールを選択しアイビームポインタを目標の文章に近づけます。アイビームポインタが点線のボックスで囲まれているときにクリックすると新しく文章を作成してしまいます。
 既存の文章に重なると点線のボックスは消えますので、その状態でクリックします。すると文章の文字間にアイビームが点滅し、文章の編集が可能になります。
 この時点で不要な文字を消すことは可能ですが、文章ごと削除するには選択ツールで選択して削除します。

移動、拡大・縮小

 文字ツールで作成した文字列もオブジェクトですから、選択ツールで移動したり、大きさを変えることが出来ます。

アウトライン化

文字ツールで入力した状態の文章は、パソコンにインストールされているフォントデータ(パソコンが扱える文字の種類)をもとにしています。

そのため、文章の編集や校正が容易ですが、デザインの変更や大幅な変形、文字をベースにしたロゴのデザインなどの作業では自由度が低すぎます。また、パソコンにフォントが入っていないと文字が正しく表示できなくなくなります。

そこでこの「アウトライン化」をすることで、フォントを図形化(「文字情報」から「アンカーポイントとパスの図形」)にし、表示されているフォントデザインを図形と同じようにオブジェクト変換します。

アウトライン化すると、自由にアンカーポイントやパスを編集することが可能になり、デザインの幅が広がります。
しかも、変換以降は「文字情報(フォント)」ではなく、「図形」として扱われるため、フォントが入っていないパソコンでも表示や印刷が可能になります。(実際のプロの現場でも作品を持ち運ぶときは、アウトライン化していくことは常識なのだそうです。)ただし、わずかにフォントのバランスがずれたり、データ容量が大きくなります。

Advantage: フォントを自由に編集できる。フォントが他のパソコンになくても表示・印刷が可能。
Disadvantage: 文字として編集できない。データ容量がすこし大きくなる。

実際に試して感覚をつかんでください!







2.デザインのためのベーシックテク

3.デザインのためのサポート