Linuxコマンドの基礎

3.4.2 ファイル名の補間

ファイル名やコマンド名を入力する時には、全部typeしなくても、 最初の数文字をいれてTabキーを押せば、適宜補間されます。 例えば、以下のように ディレクトリprogramなどがあるとしましょう。

$ ls -F
program/ c/ tex/

このとき、

$ cd p[ここでTabを押す]

とすれば、pに続いて文字列''program''が補間される。

また、コマンドを実行するときにも同様に最初の数文字を入力してTabを押せば 補間される。候補が複数ある場合には、その候補一覧が表示される。