あなたは 人目の訪問者です。(2002年2月26日より)
第一章 第二章





内容 まず始めに、トラブルに巻き込まれないように、知っておくべきことを学びましょう.

内容 ノートパソコンを実際に使って、いろいろな操作を行ってみましょう.

第三章 第四章





内容 インターネットに接続して見ましょう.様々な情報を集めたり、自ら発信したりすることができます

内容 文書を作ってみましょう.教員採用試験にパソコンを使って文書を作る試験を課すところが増えています.

第五章 第六章





内容 表計算ソフトを使って、データ処理をやってみましょう。成績処理や統計処理がとても簡単にできます。

内容 PowerPoint を使ってプレゼンテーションを行ってみましょう。小中学校でも総合学習で取り入れているところもあります。

第七章 第八章





内容 ホームページを閲覧するだけでなく、自分のホームページで全世界に情報を発信しましょう。

内容 学内にはいろいろなサービスを行っているところあります。ぜひそれらを利用しましょう。

第九章 第十章





内容 論文やレポートを本のようにきれいに仕上げましょう。

内容 大学で学ぶような計算や3次元のグラフ作成を簡単にやってくれます。

第十一章 第十二章





内容 WORDと並ぶワープロソフトです。特に小中高等学校でよく使われています。

内容 今、徐々に増えつつあるOSの基礎を学びましょう。

第十三章 第十四章





内容 Illustrator を使ってデザインをしてみましょう。CDジャケットなどが作成できます。

内容 BASIC でプログラミングの基礎を学びましょう。高校の数学の教科書にも載っています。

第十五章 第十六章





内容 あらゆる方面で使われているプログラミング言語を学びましょう。

内容 最近、基本情報技術者試験にも採用されました。また、i-アプリはJavaで書かれています。
 

 著作権、製作協力者についての表示

 

登録商標

 
Microsoft,MS,Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。
Microsoft word,Microsoft excel,Microsoft powerpoint,Microsoft Office は米国Microsoft社の登録商標です。
Adobe, Adobe Acrobat reader, Adobe Photoshop, Adobe IllustratorはAdobe Systems Incorporated(アドビシステム社)の商標です。
Mathematicaは、米国Wolfram Research社の登録商標です。
一太郎, ATOKは、ジャストシステム社の登録商標です。
その他、各会社名、各製品名は各社の商標または登録商標です。 なお、本文中では、TMや(R)などの記号は使用しておりません。