シグマの入力
 まずは、第2節の文章を入力してみましょう。
第1節と同様、サブタイトルを
\subsection
で出力します。

 次にシグマを入力しましょう。
シグマを出力するには、
\sum_{k=1}^n
とします。 文章中に大きく出力するため、
\displaystyle
をつけましょう。


 最後に残りの文章を入力しましょう。


 コンパイルしてdvioutを見てみましょう。