PPP接続の設定

 山口大学の学生であれば、入学時に総合情報処理センターのアカウントがもらえますので、それを使って自宅から総合情報処理センターにPPP接続しインターネットを利用する方法を説明します。(Windows XPで、Internet Explorerを用いて接続する場合)

1.まず、ログイン名とパスワードがあることを確認します。
 入学時にもらったアカウントのログイン名とパスワードが手元にあることを確認します。
 これがないとPPP接続はできません。

2.接続のためにパソコンの設定をします。

まずデスクトップの左下にある「スタート」ボタンをクリックし、Internet Explorer のアイコンを右クリックし、
「インターネットのプロパティ」
を表示させ、「接続」の欄をクリックすると下のような画面になります。

 この中からローカルエリアネットワーク(LAN)の設定の「LANの設定(L)..」をクリックします。

ここのプロキシサーバーの欄でプロキシサーバーを利用するのところにチェックを入れ、
プロキシサーバーのアドレス・・・・ proxy.cc.yamaguchi-u.ac.jp
ポート ・・・・ 8080

と入力しO.Kをクリックします。

そうすると最初のインターネットのプロパティの画面に戻りますので、
一番上にある「セットアップ(U)..」をクリックします。

次にインターネット接続ウィザードの画面が表示されますので、「次へ(N)>」をクリックします。

インターネット接続の設定では「職場のネットワークへ接続する(O)」
を選択し、「次へ(N)>」をクリックします。

接続方法を聞かれるので、「ダイヤルアップ接続(D)」を選択し、「次へ(N)>」をクリックします。

次に接続名を決めます。何でもかまいませんが、ここでは「山口大学」と入力し、「次へ(N)>」をクリックします。

次に電話番号の入力です。
山口大学の吉田キャンパスの方へダイアルアップするのならば、
電話番号は 0839342230
と入力します。

この画面が出れば設定は終了です。
「完了」をクリックしましょう。