形式を整えて、印刷する。
セルA2〜J13 までを選択しましょう。




ツールバーにある@の「罫線」をクリックすると、罫線パレットが開くので、Aの「格子」をクリックしましょう。




このように、セルA2〜J13 まで罫線が引かれます。




同様に、セルA16〜I26 まで罫線を引きましょう。




セルA2〜J2 までセルの中の文字を中央揃えにしましょう。




セルA2からセルJ2までをドラッグして選択し、ツールバーの「中央揃え」ボタンをクリックします。




同様に、セルA16〜I16 までセルの中の文字を中央揃えにしましょう。




セルI3〜I12 の中を中央揃えにしましょう。




セルI3からセルI12までをドラッグして選択し、ツールバーの「中央揃え」ボタンをクリックします。




セルI17〜I26 の中を中央揃えにしましょう。




セルJ3〜J12 の中を中央揃えにしましょう。




セルJ3からセルJ12までをドラッグして選択し、ツールバーの「中央揃え」ボタンをクリックします。




セルA-J1 上で、右クリックして、「セルの書式設定」をクリックしましょう。




すると、「セルの書式設定」のウィンドウが表示されるので、「フォント」タブの中にある「フォントサイズ」を「16」に変更して、「OK」をクリックしましょう。




セルA-J1 のフォントが大きくなります。




同様に、セルA-J15 のフォントを大きくしましょう。




「ファイル」メニュー→「印刷プレビュー」をクリックしましょう。印刷して一枚に収まるかどうか確認しましょう。
もし収まらないようならば、セルやグラフの大きさを調整して、一枚に収まるようにしましょう。





印刷プレビュー画面




合格判定を書き換える

作った EXCEL のファイルでは、合格判定は合計点が 310 であれば A、そうでなければ Bとなっていますが、

310 以上 A
280 以上 310 未満 B
280 未満 C

となるように書き換えましょう。


解答を見る

登録商標について