合計点、平均点の入力
セルH2 に =sum(c2:g2) と入力しましょう。これはセルH2にc2からg2(すなわちc2,d2,e2,f2,g2)の合計を入れよ、ということです。すると、数式バーに入力した計算式が表示されます。




「Enter」キーを押すと、計算結果(セルC2からセルG2の合計)がセルH2に表示されます。




計算するときは「=」を最初に入力します。
Excelで計算をするときは、セルに、「数式」を入力します。数式を入力するときは最初に「=」を入力して、Excelにこれから数式を入力することを指示します。数式を入力している間は数式が表示されているだけですが、最後に「Enter」キーを押すと、数式の内容が計算されて、セルに計算結果が表示されます。そのときセルの内容を数式バーで確認すると、入力した数式が表示されます。Excelではセルに入力した数式がそのまま保存されていて、通常はセルに計算結果だけが表示されます。


数式の入っているセルH2をクリックして選択し、コピーボタンをクリックしましょう。




セルH3からH11までドラッグして、数式を貼り付けるセルを選択しましょう。




「Enter」キーを押すと、数式が貼り付けられ、合計が表示されます。




セルB11に「平均点」と入力し、セルC11に「=average(c2:c11)」と入力しましょう。これはセルB11にC2からC11までのセルの平均値を入れよ、という事です。




「Enter」キーを押すと、計算結果(セルC2からセルC11の平均点)がセルC12に表示されます。




数式のコピーを使って他の教科の平均点を求める

数式のコピーを使って他の教科の平均点を求めて見ましょう。



解答を見る
登録商標について