このページの内容

エクスプローラはWindows内の情報を操作するための仕組みのことです。 ここでは、フォルダ生成のやり方や生成したファイルの操作について学びます。各種用語はこれからの授業で どんどん使うので良く覚えてください。

1.フォルダの階層構造
2.アプリケーションの起動

フォルダはアイコンを整理するための場所のことで、デスクトップやディスクの中に作成するとことができます。また、フォルダには自由に自分で名前を付けることができるので、関連のあるデータをまとめたりすると便利に効率よく利用できます。Windowsではプログラムやデータの入っているファイルが、ドライブ(ハードディスクやフロッピーディスクなど)のなかで、階層的に管理されています。私たちがファイルを保存するときは、ディスクの中に作ったフォルダの中に保存します。また、フォルダの中にさらにフォルダを作ることもできます。

フォルダの階層構造

1. エクスプローラを表示する

スタートメニューを開き、マイコンピュータを右クリックして「エクスプローラ」を選択します。

次に画面の左側にある、「ローカルディスク(C:)をクリックします。


2. フォルダの中身を表示する

すると、右側にCドライブの中のフォルダが表示されます。
左の「ローカルディスク(C:)」の下にはその下にあるディレクトリ「Program Files」、「WINDOWS」、「Documents and Setting」が表示されます(その他のフォルダが作成されている場合もあります)。
同じように「マイ ドキュメント
」をクリックしましょう。


3.  フォルダの中にフォルダを作る

右側の何も描かれていないところで右クリックし、「新規作成」をポイントします。サブメニューが表示されるので、「フォルダ」をクリックしてください。


すると、右側に「新しいフォルダ」という名前のフォルダができます。
同時に、左側にも「マイ ドキュメント」の下に「新しいフォルダ」が表示されます。

このようにして
フォルダの中にフォルダを作ることができます。
フォルダの階層構造はこのような形を繰り返すことによって実現されています。


アプリケーションの起動

1. エクスプローラを表示する

スタートメニューを開き、マイコンピュータを右クリックして「エクスプローラ」を選択します。するとエクスプローラが表示されます。


次に「ローカルディスク(C:)」のをクリックします。

すると、左側にCドライブの中のフォルダが表示されるので、(右側の表示は変わりません)同じように「Program Files」のをクリックしましょう。

2. フォルダの中身を表示する

さっきと同様に「Program Files」のフォルダの中身が表示されるので、さらに「Windows NT」の左のをクリックし、フォルダの中を表示させます。最後に「Accessories」をクリックしましょう。

左側の表示は変わりませんが、右側に、「Accessories」のフォルダの中身が表示されます。

3. アプリケーションを起動してみる

「wordpad」をポイントして「wordpad」をダブルクリックしましょう。

すると、ワードパッドが起動します。

エクスプローラでフォルダの関係がわかります
  エクスプローラのウィンドウは2つの区画から構成されており、
★ウィンドウの左側には、コンピュータ上のすべてのディスクドライブ、およびフォルダの名前とアイコンの一覧が表示されています。これはエクスプローラバーと呼ばれ、この「フォルダ」表示を使うと、ドライブやフォルダの中にあるファイルやフォルダが、どのような階層構造になっているかを確かめることができます。また、左のウィンドウのフォルダには「+」と「ー」の記号のついたものがあります。「+」はそのフォルダ内にはまださらにフォルダが存在することを示しています。「+」をクリックすると「ー」にかわり、そのフォルダ内のフォルダが下に表示されます
デスクトップやマイドキュメントの中にたくさんのフォルダを作り、整理や分類に困ったときは、エクスプローラですべてのフォルダを表示して、その上下関係などを確かめると便利です。
★ウィンドウの右側では、左側でクリックして選択した項目の内容がアイコンとともに表示されます。

C:\windowsにあるNOTEPAD.EXEというプログラムを起動しなさい。

解答を見る