このページの内容

ここでは、ペイントを使って絵を描く方法を学びます。ここで描いた絵は後に学ぶ WORD の文書や EXCEL の表にも貼り付けられます。

2-6-1 絵を描く
2-6-1-1 「ペイント」の起動
2-6-1-2 線を描く
2-6-1-3 色を塗る
2-6-1-4 直線の引き方
2-6-1-5 文字列の入れ方

「ペイント」の起動

スタートメニューから「ペイント」をクリックすると

「ペイント」が起動します

ツールボックス、カラーボックスについて
  「ペイント」では、ツールボックスによって、線を引いたり、色を塗ったり、文字を書き入れたりするツールを選択し、絵を描きます。また、カラーボックスで色を選択することができます。デフォルトでは、鉛筆ツールで黒色になっています。

線を描く

マウスポイントをドラッグすると、ドラッグした部分に線を引くことができます。

間違えたときは[編集] メニューの [元に戻す] をクリックすると、3 つ前の操作まで元に戻すことができます。

色を塗る

「ツールボックス」の中にある「塗りつぶし」をクリックしましょう。

また、「カラーボックス」で好きな色をクリックしましょう。

塗りつぶしたい部分にマウスポイントを移動させて、クリックすると、選択した色で塗りつぶされます。

塗りつぶす図形の輪郭線が閉じていないと、ほかの領域まで色が広がってしまいます。輪郭線の切れ目がわかりにくい場合は、[表示] メニューの [拡大] をポイントし、 [拡大する] または [拡大率の指定] をクリックしましょう。

直線の引き方

「ツールボックス」の中にある「直線」をクリックしましょう。

また、「カラーボックス」で好きな色をクリックしましょう。

直線の始点でクリックし、終点までカーソルを持っていってボタンを離すと、直線が引かれます。

文字列の入れ方

「ツールボックス」の中にある「テキスト」をクリックしましょう。

また、「カラーボックス」で好きな色をクリックしましょう。

文字列を入れたいところでクリックすると、テキストボックス(点線で囲まれた領域)が現れます。テキストボックスを必要な大きさにして、キーボードで文字を入力していきましょう。また、「フォント」ウィンドウで文字のフォントを設定することができます。

自分の家の周りの地図を作ってみましょう。