このページの内容

ここでは、ファイルを保存する方法を学びます。これで自分で書いた文書や絵がパソコンに記録できるようになります。

2-5-3 ファイルの保存
2-5-3-1 「ファイル」メニューを開く
2-5-3-2 文章に名前を付けて保存する
2-5-3-3 「名前を付けて保存」 ダイアログボックスが表示される
2-5-3-4 ファイルに名前を付けて保存します

「ファイル」メニューを開く

「ファイル」をクリック

文章に名前を付けて保存する

「名前を付けて保存」をクリック

「名前を付けて保存」をクリックすると、今まで作成したメモ帳の中身を名前を付けて、データとして保存することができます。

「名前を付けて保存」 ダイアログボックスが表示される

このようなものを「ダイアログボックス」といいます。

保存する場所を変えるには?
  このダイアログボックスで「保存する場所」、「ファイル名」、「ファイルの種類」を指定することができます。
メモ帳などで作った文章などは、普通はデスクトップのマイドキュメントに保存されます。「保存する場所」にあるをクリックしてリストを表示すると、ファイルを保存する場所を変えることができます。

ファイルに名前を付けて保存します

ファイル名を指定して「保存」をクリックすると文章が保存されます。

上書き保存と名前を付けて保存の違い
  一度「名前を付けて保存」をした文章を保存するときは、名前を再びつける必要はなく、ファイルメニューの中にある「上書き保存」をクリックしてやれば、同じファイル名で保存されます。違ったファイル名で保存をしたいときには、「名前を付けて保存」を選んでください。


次の文のテキストファイルを作り、 My Documents に テスト.txt 、デスクトップに テスト2.txt という2つの名前で保存せよ。

 これはテストです。

解答を見る