このページの内容

Windowsは条件を指定する事で膨大なファイルの中から目的のファイルを見つけだす機能を持っています。 ここでは、そのファイル検索の方法ついて学びます。

1.ファイルを検索する
2.検索を開始する
3.検索結果の表示


パソコンの中に保存されているさまざまなファイルを簡単に探し出すために、WindowsMeは検索という機能を用意しています。検索を使えば、フォルダを開いて確かめることなく、目的のファイルを自動的に探し出せます。

ファイルを検索する



スタートメニューから、「検索」を選択します。
「検索結果」ダイアログボックスが開きます。

左側にメニューが表示されるので、「ファイルとフォルダすべて」を選択します。
ここで検索するファイルの種類がわかっている場合は、他のメニューを選ぶことで検索を早く終了させることができます。

「ファイル名のすべてまたは一部」のところにファイル名に含まれる文字を入力します。名前は完全でなくてもいいです。ここでは「サンタフェ」と入力しましょう。
また、検索対象が文章ファイルなどで、含まれるキーワードを覚えている場合は、「ファイルに含まれる単語または句」の欄に入力することで、そのキーワードが含まれるファイルを検索することができます。
探す場所がある程度特定できている場合は、「探す場所」を変更して絞り込んでおきましょう。
条件を入力し終わったら、「検索」ボタンをクリックしてください。


検索を開始する

「検索開始」をクリックすると、ファイル名に「花見」が含まれるファイルを検索し始めます。

検索結果の表示

ファイルの検索が終了すると、検索結果が表示され、検索されたファイルが表示されます(左図)。左には検索されたファイルの総数が表示されます。
右側のウィンドウでは、エクスプローラやフォルダウィンドウと同様に、名前の変更や削除、実行などの処理が行えます。ここでは、「花見」をダブルクリックして開いてしましょう。


検索された「花見」とういうファイルが表示されます。

このように検索結果からもファイルを開くことができます。

検索は便利なファイルの探し方です。
  検索機能は、自分が使いたいと思っているファイルをさまざまな角度から探し出します。覚えているファイル名の一部やファイルの種類や作成した日時や内容に含まれている文字列などを手がかりとして、ハードディスクなどの指定した場所にあるファイルを探し出します。Windows XPをながく使い込んでいくと、パソコンの中にはさまざまな種類のファイルが蓄積されていきます。そのようなときに検索機能を使えば、自分が過去に作った文書やデータなどを探し出すのがとても簡単になります。

・検索を用いて「DEFRAG」というファイルを探してみましょう。
・「検索テキスト」という名前のテキストファイルをメモ帳で作成して保存した後に、そのファイルを検索してみましょう。