微妙なところを調整する

職人パレット


「図形をいくつか作成してみたけどうまく整列しない。」「色をもっと明るくしたい」といった調整等をこのパレットで行います。
もちろんメニューから選択しても作業は可能ですが、一連の機能をひとまとめに表示しておくと効率よく作業できます。
すべてのパレットを常に表示させておくと画面が狭くなるので、作業にあわせて表示・非表示させましょう。


常に表示しておくと便利なパレット


ナビゲータパレット

どの部分が表示されているかを確認するのがナビゲータパレット。
表示するにはウィンドウメニューから「ナビゲータを表示」を選びます。




カラーパレット

オブジェクトの線と塗りの色設定をします。
表示するにはウィンドウメニューから「カラーを表示」を選びます。





整列パレット

複数のオブジェクトを整列させます。
表示するにはウィンドウメニューから「整列を表示」を選びます。




文字パレット

フォントやサイズ、さまざまな文字設定ができます。
表示するには文字メニューから「文字設定」を選びます。




作業画面の拡大・縮小

ナビゲータパレットのスライダを動かすことと、画面メニューのズームイン・アウトを選ぶことで、作業画面の拡大・縮小ができます。いろいろ試して作業しやすい大きさにしてください。



画面表示について


イラストレータには画面の表示方法がふたつあります。

ひとつはプレビュー表示。線幅や色がリアルタイムで反映され、印刷時のイメージで表示されます。オブジェクトが重なると、他のオブジェクトが見えにくくなってしまいます。

もうひとつはアウトライン表示(またはアートワーク表示)。線幅や色を確認できませんが、アンカーポイントやパスの位置を確認できるので、正確に作画したいときに便利です。







1.前説

2.クリエイトする環境

3.みなさんが使用する道具たち