段落書式設定

段落 Enterキーを押すまでに入力した文字列や図などのまとまり

9-1.配置

配置を変更するには

  1. 配置を変更したい段落を選択する。1段落の場合は、その行のどこかにカーソルを移動させる。
  2. ツールバーの(左寄せ)(センタリング)(右寄せ)のいずれかをクリックする。均等割付はメニューバー「書式」ー「文字割付」ー「均等割付」をクリックする。

左寄せ
センタリング
右寄せ
均等割付

次のように配置を設定してみましょう。

9-2.行間

行間を変更するには

  1. 行間を変更したい行を選択する。
  2. メニューバーから「書式」−「段落属性」−「設定」を選択し、「段落属性」ダイアログボックスの「属性・改行幅をクリックする。間隔の各オプションの値を変更する。

9-3.インデント

インデント--余白から、本文までの距離

インデントを設定する方法1(ルーラーで設定する)

  1. インデントを変更する段落を選択する。
  2. 段落の最初の行の左インデントを変更するには、「1行目の行頭インデント」マーカーをドラッグする。段落の2行目のインデントを変更するには、「2行目以降の行頭インデント」マーカーをドラッグする。段落内のすべての行の左インデントを変更するには、「行頭インデント」マーカーをドラッグする。(「1行目の行頭インデント」マーカをドラッグすると、それに伴って、「1行目のインデント」マーカと「2行目以降の行頭インデント」マーカも移動する。)すべての行の文字列の右側のインデントを変更するには、右側のインデントマーカーをドラッグする。

インデントを設定する方法2(正確な値を設定したいとき)

  1. メニューバーから「書式」−「インデント/タブ」−「インデント設定」を選択する。
  2. 「インデント」ダイアログボックス段落全体の行頭」「2行目以降の行頭」の各値を設定する。

左、右のインデント幅=0mm

左、右のインデント幅=10mm/最初の行 字下げ/幅=6mm

左、右のインデント幅=0mm/最初の行 ぶら下げ/幅=16mm

9-4.タブ

タブ位置を設定する方法1(ルーラ上で設定する)

  1. タブ位置を設定する段落を選択する。
  2. 水平ルーラーの左側にあるをクリックする。左揃えタブ右揃えタブ 中央揃えタブ小数点揃えタブのいずれかを表示する。
  3. 水平ルーラー上で、タブを設定する位置をクリックする。
  4. タブ位置を移動するには、水平ルーラー上でタブマーカーを右または左方向へドラッグする。タブ位置を削除するには、タブマーカーを水平ルーラーの外へドラッグする。

タブ位置を設定する方法2(正確な値を設定したいとき)

  1. メニューバーから「書式」−「インデント/タブ」−「タブ位置設定」を選択する。
  2. 「タブ位置設定」ダイアログボックス「タブ位置」を指定し、「OK」をクリックする。

(タブ位置:40mm , タブ位置:80mm)

左揃え
中央揃え
右揃え
縦棒
小数点揃え

リーダを設定する方法

  1. リーダを設定する段落を選択する。
  2. メニューバーから「挿入」−「記号/リーダ/スペース」−「リーダ作成」をクリックする。
  3. 「リーダ作成」ダイアログボックス種類を指定し、「OK」をクリックする。

次のようにインデント、タブ位置、リーダを設定してみましょう。


9-5.箇条書き、段落番号

行頭文字、箇条書きの書式を指定するには

  1. 行頭文字または段落番号を付ける行を選択する。
  2. メニューバーから「書式」−「文字・段落スタイル」を選択する。
  3. [追加・削除]-新規 を選択します。
  4. 段落記号シート を選択します。
  5. 設定する をクリックします。
  6. 記号 の 和文記号/欧文記号/画像 の中から使用したい段落記号の種類を選択します。
  7. 和文記号 を選択した場合は右端のをクリックして、欧文記号/画像 を選択した場合は[設定]をクリックして、記号や画像を選択します。
  8. 段落スタイル名 にスタイル名を入力します。
  9. [OK]をクリックします。
  10. 文字・段落スタイルの一覧から、作成したスタイルを選択します。
  11. [OK]をクリックします。
    段落スタイルが設定され、段落の先頭に指定した記号(マーク)が付きます。

段落番号を指定するには

  1. メニューバーから「挿入」−「連番」を選択する。
  2. 「書式」を選択し、OKをクリックする。

次のように箇条書き、段落番号を設定してみましょう。



9-6.段落書式の解除方法

段落書式を標準の書式に戻したいときは、文字・段落スタイル切替で標準を選択する。段落番号は、バックスペースで解除する。