PPP接続の設定

 山口大学の学生であれば、入学時に総合情報処理センターのアカウントがもらえますので、それを使って自宅から総合情報処理センターにPPP接続しインターネットを利用する方法を説明します。(Windows Meで、Internet Explorerを用いて接続する場合)

1.まず、ログイン名とパスワードがあることを確認します。
 入学時にもらったアカウントのログイン名とパスワードが手元にあることを確認します。
 これがないとPPP接続はできません。

2.接続のためにパソコンの設定をします。

デスクトップ上にある Internet Explorer のアイコンを左クリックし、「インターネットのプロパティ」を表示させ、
「接続」の欄をクリックすると下のような画面になります。

 この中からローカルエリアネットワーク(LAN)の設定の「LANの設定(L)..」をクリックします。

ここのプロキシサーバーの欄でプロキシサーバーを利用するのところにチェックを入れ、
プロキシサーバーのアドレス・・・・ proxy.cc.yamaguchi-u.ac.jp
ポート ・・・・ 8080

と入力しO.Kをクリックします。

そうすると最初のインターネットのプロパティの画面に戻りますので、
一番上にある「接続(U)..」をクリックします。

次にインターネット接続ウィザードの画面が表示されますので、
「インターネット接続を手動で設定するか、ローカルエリアネットワークを使って接続します」
の左の○にチェックを入れて「次へ(N)>」をクリックします。

インターネット接続の設定では「電話回線とモデムを使ってインターネットに接続します」
を選択し、「次へ(N)>」をクリックします。

次にモデムを選択の画面がでますが、これは表示されているものでよいです。
「次へ(N)>」クリックします。

次に電話番号の入力です。
山口大学の吉田キャンパスの方へダイアルアップするのならば、
電話番号は 083−934−2230
と入力します。
 そして、「詳細設定(V)...」をクリックします。

「アドレス」をクリックし、DNSサーバーアドレスで、
「常に使用する設定」にチェックをいれ、
プライマリDNSサーバーに 133.62.192.32
別のDNSサーバーに 133.62.128.33
と入力し「O.K」をクリックします。

ここで、最初に用意しておいたユーザー名(ログイン名)パスワードを入力します。
パスワードは*****で表示されませんが、これはセキュリティのためで実際には入力した通りが登録されます。

接続名の設定です。
これは接続とは関係ないので自分が分かりやすい名前を付けておいてかまいません。
「山口大学への接続」とでも入れておけば分かりやすいでしょう。

次はメールアカウントの設定です。
これは「Outlook Express」の場合の設定なので、
他のメールソフトを使う場合、メールを使わない場合は
「設定しない」でかまいません。
ここでは「設定する」の登録の仕方を説明します。


メールアドレスですが、
ユーザー名@sty.cc.yamaguchi-u.ac.jp
と、いう形になります。

そして、このウィザードの場合や他のメールソフトの場合もたいてい、
POP3サーバー、SMTPサーバーの名前を聞いてきますので、上のように
sty.cc.yamaguchi-u.ac.jp(山口吉田キャンパスの場合)
と入力します。

この画面が出れば設定は終了です。
いきなりインターネットに接続するのではなくいったん接続せずに
ウィザードを終了するため、
「今すぐインターネットに接続する」チェックを外してから
「完了」をクリックしましょう。