PPPとは

 PPPとは、(Point to Point Protocol)の略で、2点間接続のデータ通信に利用されるプロトコル(規約)のことです。
詳しく説明すれば、データ・パケットのヘッダ部分だけを圧縮したり、専用線の上でIPを利用するための上位プロトコルの識別機能をもちます。
 また。リモートLANにアクセスする場合のアクセスサーバがクライアントパソコンに自動的にIPアドレスを割り当てる(IPCP)の機能なども持っています。

自宅などから電話線を用いてインターネットプロバイダや大学のサーバなどにダイアルアップ接続などを通してインターネットにアクセスする場合にはこのPPPが必ず必要になります。