段落書式設定

段落 Enterキーを押すまでに入力した文字列や図などのまとまり

9-1.配置

配置を変更するには

  1. 配置を変更したい段落を選択する。1段落の場合は、その行のどこかにカーソルを移動させる。
  2. 「書式設定」ツールバーの(両端揃え)(中央揃え)(右揃え)(均等割り付け)のいずれかをクリックする。

両端揃え
中央揃え
右揃え
均等割り付け

次のように配置を設定してみましょう。

9-2.行間

行間を変更するには

  1. 行間を変更したい行を選択する。
  2. 「拡張書式設定」ツールバーの(行間1、行間1.5、行間2)のいずれかをクリックする。または、メニューバーから「書式」−「段落」を選択し、「段落」ダイアログボックスの「インデントと行間隔」をクリックする。間隔の各オプションの値を変更する。

9-3.インデント

インデント--余白から、本文までの距離

インデントを設定する方法1(ルーラーで設定する)

  1. ルーラーが表示されていない場合は、メニューバーから「表示」−「ルーラー」を選択して、ルーラーを表示する。
  2. インデントを変更する段落を選択する。
  3. 段落の最初の行の左インデントを変更するには、「1行目のインデント」マーカーをドラッグする。段落の2行目のインデントを変更するには、「ぶら下げインデント」マーカーをドラッグする。段落内のすべての行の左インデントを変更するには、「左インデント」マーカーをドラッグする。(「左インデント」マーカをドラッグすると、それに伴って、「1行目のインデント」マーカと「ぶら下げインデント」マーカも移動する。)すべての行の文字列の右側のインデントを変更するには、右インデントマーカーをドラッグする。

インデントを設定する方法2(正確な値を設定したいとき)

  1. メニューバーから「書式」−「段落」を選択する。
  2. 「段落」ダイアログボックスの「インデントと行間隔」をクリックする。
  3. 「インデント」の「左のインデント幅」「右のインデント幅」「最初の行」「幅」の各値を設定する。

左、右のインデント幅=0mm

左、右のインデント幅=10mm/最初の行 字下げ/幅=5mm

左、右のインデント幅=0mm/最初の行 ぶら下げ/幅=15mm

9-4.タブ

タブ位置を設定する方法1(ルーラ上で設定する)

  1. タブ位置を設定する段落を選択する。
  2. 水平ルーラーの左側にあるをクリックする。(左揃えタブ)(右揃えタブ) (中央揃えタブ)(小数点揃えタブ)のいずれかを表示する。
  3. 水平ルーラー上で、タブを設定する位置をクリックする。
  4. タブ位置を移動するには、水平ルーラー上でタブマーカーを右または左方向へドラッグする。タブ位置を削除するには、タブマーカーを水平ルーラーの外へドラッグする。

タブ位置を設定する方法2(正確な値を設定したいとき)

  1. タブ位置を設定する段落を選択する。
  2. メニューバーから「書式」−「タブとリーダー」を選択する。
  3. 「タブとリーダー」ダイアログボックス「タブ位置」「種類」「リーダー」を指定し、「設定」をクリックする。

(タブ位置:40mm リーダ:(3), タブ位置:80mm リーダ:なし)

左揃え
中央揃え
右揃え
縦棒
小数点揃え

次のようにインデント、タブ位置を設定してみましょう。


9-5.箇条書き、段落番号

箇条書き、段落番号設定方法

  1. 行頭文字または段落番号を付ける行を選択する。
  2. 行頭文字を付けるには、「書式設定」ツールバーの(箇条書き)を、段落番号を付けるには、「書式設定」ツールバーの(段落番号)をクリックする。

行頭文字、箇条書きの書式を指定するには

  1. 行頭文字または段落番号を付ける行を選択する。
  2. メニューバーから「書式」−「箇条書きと段落番号」を選択する。
  3. 「箇条書きと段落番号」ダイアログボックスの「箇条書き」または「段落番号」をクリックし、いずれかの行頭文字または段落番号をクリックする。
  4. 独自に行頭文字または段落番号を指定したいときや、書式を変更したいときは、「変更」をクリックする。「書式変更」ダイアログボックスの各オプションを設定する。

次のように箇条書き、段落番号を設定してみましょう。



9-6.段落書式の解除方法

すべての段落書式を標準の書式に戻したいときは、段落を選択してCtrlキーを押しながらqキーを押す。