文字列の配置の変更
 文字を文章の中央に移動させるには
左図のように中央に移動させたい文字列の左側をクリックしましょう。
すると、1行だけ文字が選択され、反転します。

そして、ツールバーの中の@部分にある、「中央揃え」ボタンをクリックします。

すると、下の図のように、選択した文字が中央揃えされます。

同様に、「両端揃え」ボタンを押すと、文字列は、左側に移動し、「右揃え」ボタンを押すと、文字列は右側に移動します。
「両端揃え」、「中央揃え」、「右揃え」ボタンを使って、下の図のように文字列の位置を変更しましょう。

 文字列をまとめて字下げする(インデント)

インデントは、段落の左右の余白を調節して、文字をどの位置から表示するかを決める機能です。この機能を使えば、任意の位置に文字列を配置することができます。

@の位置をクリックして、Aの位置までドラッグすると、文字が2行選択されます。
次に、右インデントをクリックして、右インデントをドラッグします。
すると、選択されていた文字がドラッグした位置まで2行まとめて移動します。

同様に左インデントを使っても文字を任意の位置に移動させることができます。
右側にはインデントのマークが1つしかありませんが、左側には、インデントのマークが3つあります。目的によってこれらのインデントを使い分けましょう。
◆1行目のインデント・・・選択された文字列の一行目を字下げします。
◆左インデント・・・・・・・・選択された文字列のすべての行を字下げします。
◆ぶら下げインデント・・・選択された文字列の2行目以降を字下げします。
インデントを使って、下の図のように文字列を再配置してみましょう。