情報検索

あるキーワードに従って情報を探すことを「情報検索」と言います。また,ホームページを作成したり,電子メールの文字の修飾をするための言語をHTML(Hyper Text Markup Language)と言います。このHTML形式の情報検索システムのことをWWW(World Wide Web)と言います。WWWを使えば自分の探したい,求めている情報をキーワードを用いて検索,閲覧をすることができます。ここでは情報検索の方法について解説します。
情報検索の方法は2つあります。その2つとは次の方法です。

 1. ブラウザの「検索」機能を利用する
 2. 「検索エンジン」で調べる

ここでは1の方法について説明します。

いずれの方法も検索キーワードを入力すると目的のホームページの一覧を表示します。まず1の方法について説明します。以下のようにして検索してください。

 1. デスクトップの「Internet Explorer」のアイコンをダブルクリックしてブラウザを起動します。


2. 3−2−2で解説した「ユーザ認証」を行います。

3. 「ツールバー」 の「検索」ボタンをクリックします。検索バーが左側に表示されます。なお,検索バーを消去したい場合は検索
バー右上の「×」ボタンを押すと消すことができます。

4. 検索語句を入力する欄をクリックしてカーソルを表示させたら検索語句を入力します。なお,検索語句はスペース(空白)で区切って複数入力することができます。

5. 検索語句を入力したら,横の「検索」をクリックします。(下図参照)




しばらく待つと,ホームページの一覧が表示されます。


上で述べたようにブラウザの「検索」を使わなくても「検索エンジン」と呼ばれる検索専門のホームページがありますので,そちらを利用するのもいいでしょう。検索エンジンはブラウザの検索よりも細かい検索条件を設定することが可能です。
有名な検索エンジンとして,「Yahoo」(ヤフー)や「goo」(グー),「infoseek」(インフォシーク)などがあります。検索エンジンについては3−3−3で紹介します。検索エンジンもブラウザの検索と同様に,検索キーワードに従って,検索キーワードにあうホームページを探し出してくれます。使い方はブラウザの「検索」の方法とほぼ同じです。ブラウザの「検索」や「検索エンジン」は検索キーワードを指定するだけで,目的のホームページを探し出すために非常に有効な手段なので,ぜひ活用してください。