CDとはCompact Diskの略で直径12cmの円盤状のものです。記憶容量は650Mバイトです。次にROMとはRead Only Memoryの略で集積回路を利用して、製造段階であらかじめ書き込まれた内容を、読み出して利用するだけの記憶装置。電源が切れてもその内容が消えずにそのまま保たれてます(不揮発性メモリ)。読み出し速度は速いが、一度データを書き込むと、普通は、新しくデータを書き込むことができないので、変更をする必要のないシステ厶・プログラムや漢字辞書等を記憶させておくことが多いです。

 CD−ROMを入れる
ノートパソコンの側面についているCD−ROMドライブの左の図の部分を押すと、トレイが出てきます。
図のようにカチッと音がするようにCD−ROMをはめ込んでトレイを挿入しましょう。
 CD−ROMの中身を見る

通常CD−ROMを入れたら音楽CDの場合は自動的に音楽が再生され、アプリケーションCDの時は、セットアッププログラムが自動的に起動します。CD−ROMを入れてあれば、自分で中身を見ることもできます。

「マイコンピュータ」をダブルクリックして開き、CDーROMドライブをダブルクリックしましょう。
すると、CD−ROMドライブの中身が表示されます。ドラッグ&ドロップなどによって、CD−ROMドライブの内容をディスクトップなどにコピーすることもできます。
CDーRについて

 (Compact Disk Recordable)
 CD−Rを使用するには、CD−Rドライブが必要です。CDーR 1枚のメディアに通常650MBまで記憶することができます。 ただフロッピーディスクのように容易にデータを書き込むことはできません CDーRを利用するには、専用のソフトが必要になりそのソフトを使用して データを記憶する仕組みになってます 。またCDーRメディアへの書き込みは、基本的に一度しかできません。書き込んだデータを消したりすることはできません。 CDーRドライブで作成したメディアは、パソコンにCDーROMドライブさえ付いていれば CDーRドライブを持ってなくてもデータを利用することができるので非常に便利です。 次にCDーRメディアの価格ですが、他の記憶装置のメディアよりも非常に 安いので気軽に購入することができます 1枚100円以下で普通のメディアでしたら購入できます 。