デスクトップや、マイドキュメントに保存したファイルをほかの人に渡すには、フロッピーディスクを使います。フロッピーディスクによっては使い始める前に、フォーマット(初期化)をしなければなりません。Windows用として市販されているフロッピーディスクは、はじめからWindows上で使えるようにフォーマットされているので、すぐに使えますが、Windows以外のパソコン用のフロッピーディスクなどは、Windows上で使えるようにするには、フォーマットという作業をしなければなりません。また、すでに使っているフロッピーディスクでも、フォーマットしてすべての内容を削除すれば、新しいフロッピーディスクとして使えます。

 フロッピーディスクのフォーマット
1.「フロッピーディスクドライブ」に新しいフロッピーディスクを挿入します。
2.次に「マイコンピュータ」をダブルクリックして、マイコンピュータを開きましょう。
3.5インチFD(A:)を右クリックし、メニューの中にある「フォーマット」をクリックします。
左のようなウィンドウが現れるので、
1.「通常のフォーマット」をクリックし、
2.「開始」をクリック
すると、
フォーマットがはじまり、下の部分にフォーマットの進行状況が表示されます。
フォーマットが終了すると、その結果レポートが表示されます。「閉じる」をクリックしましょう。
続けて、ほかのフロッピーディスクをフォーマットしたい場合は、フロッピーディスクを入れ替えて、開始をクリックしましょう。それ以外の場合は、閉じるをクリックしましょう。
これで、フロッピーのフォーマットが終了しました。
 ファイルの書き込み
デスクトップにある、マイドキュメントをダブルクリックして、開きます。
マイドキュメントの中にある、文章ファイル(何でもいい)を、
1.右クリック
2.「送る」をクリック
3.「3.5インチ」FDをクリックします。
すると、コピーが始まり、マイドキュメントから、フロッピーディスクの中にファイルが送られます。この場合マイドキュメントの中の元のファイルはそのままで、フロッピーの中にコピーされるだけです。
 ファイルの読み込み
「マイコンピュータ」をダブルクリックして開きます。
次に「3.5インチFD」をクリックしましょう。するとウィンドウの左側にフロッピーディスクの情報が現れます。ここを見ることで、フロッピーの空き容量がどれくらいなのかを確認することができます。

次に「3.5インチFD」をダブルクリックして開きます。
先ほど送ったファイルがあるので、そのファイルをダブルクリックすると、「メモ帳」が起動します。
ドラッグ&ドロップによる書き込み

2-7-3と同じようにドラッグ&ドロップによってもフロッピーディスクにデータを書き込むことができます。

「マイコンピュータ」を開き、フロッピーディスクに保存したいファイルをドラッグ&ドロップすれば、フロッピーディスクに書き込みができます。

フロッピーディスクのデータを守るには?
フロッピーディスクにあるライトプロテクトのノッチがオンになっている(穴のあいた状態)と、フォーマットすることも、新しくファイルをコピーしたり、すでに記録されているファイルを削除することもできません。大切なファイルが入ったフロッピーディスクはまちがってフォーマットしないようにライトプロテクトをかけておきましょう。
「マイドキュメント」の中のにある「My Pictures」画像ファイルをフロッピーディスクに保存して見ましょう