日本語入力モードに切り替える
(1)タスクバーの上にあるIMEツールバーの一番左をクリック
(2)「直接入力」になっているので、「ひらがな」をクリックして日本語が入力できるモードにしましょう。
 このようになれば日本語が入力できます。

普通起動してすぐのときは、直接入力モードになってますが、日本語入力モードになっているときは、「Alt」キーを押しながら、「半角/全角」キーを入力することで、日本語入力モードと直接入力モードを切り替えることができます。

 漢字を入力するには
「Y」「A」「M」「A」「G」「U」「T」「I」とキー押して、「スペース」キーを押すと左のような画面になります。「スペース」キーで文字が変換されているのです。後は「スペース」キーを何度か押してその読みにあうものを選んで、「Enter」キーを押すと入力した内容が確定されます。

日本語の入力はローマ字で行われるので、「T」「I」の代わりに「C」「H」「I」と入力しても同じです。


平仮名のままでいいときは「スペース」を押さずにそのまま「Enter」キーを押しましょう。

変換するとたくさん出てくる字もあるので、「Shift」キーを押しすぎて、行き過ぎてしまう場合がありますが、そういう時は、「↑」キーや、「Shift」キーを押しながら「スペース」キーを押すことで上に戻ることもできます。

便利な変換キーについて

スペース」キーのほかにも、目的の文字に変換するためのキーがあります。ファンクションキーに設定されている変換キーをうまく使いこなしましょう。

ひらがな変換 F6
カタカナ変換 F7
半角文字変換 F8
全角英数字変換 F9
半角英数字変換 F10

日本語入力モードを用いて、自分の名前を入力して見ましょう。

       例…「山口大学 教育学部 情報科学教育課程 数理情報コース 1年 10番 幸 英明」