文字を入力するには、キーボードのキーを押します。よく使うキーは左に記すので、参考にしてください。
@:CapsLock
A:Space(スペース)
B:Sift(シフト)
C:Tab(タブ)
D:BackSpace(バックスペース)
E:Enter
 メモ帳を起動
スタートメニューからメモ帳を起動します。
 直接入力モードに切り替える
(1)タスクバーの上にあるIMEツールバーの一番左をクリック
(2)「直接入力」の所をクリックして直接入力モードにしましょう。

普通起動してすぐのときは、直接入力モードになってますが、日本語入力モードになっているときは、「Alt」キーを押しながら、「半角/全角」キーを入力することで、日本語入力モードと直接入力モードを切り替えることができます。

 「Windows Me」と入力するには
(1)「Shift」キーを押しながら「W」キーを押すと、大文字の「W」が表示されます。
続いて「I」「N」「D」「O」「W」「S」とキーを押すと、小文字で「indows」と表示されます。
次に「スペース」キーを押すと、半角の空白ができます。
(2)上と同様に「Shift」+「M」で大文字の「M」を表示させ、「E」を押して小文字の「e」を表示させましょう。
また、「Enter」キーを押すと、改行されます。
(3)同様に「Windows 2000」と入力してみましょう。
 入力した文字を修正する

ここで、「Windows 2000」の所を「Windows Me」に変更してみましょう。

(1)左のような状態で2000となっている所を、消去するには、「BackSpace」キーを使います。
「BackSpace」キーは一つ前の文字を消すことができるので、この場合は、「BackSpace」キーを4回押しましょう。
(2)「2000」の所が削除されたので、先ほどと同様に「Me」と入力しましょう。

大文字と小文字が入れ替わってしまったときは?
「CapsLock」キーがオンなっていると、大文字と小文字が入れ替わってしまい、「Shift」キーを押しながら入力したときに小文字が表示されるようになります。「CapsLock」キーがオンになっているかどうかはIMEのツールバーで確認できます。下の画像のようになってたら、オンになっています。「CapsLock」キーのオンとオフは「Shift」キーを押しながら、「CapsLock」キーを押すことで切り替えることができます。

「Delete」キーについて
一つ前の文字を消去するキーとして先ほど「BackSpace」キーを紹介しましたが、「Delete」キーを押すことでも文字を消去できます。「BackSpace」キーと違う所は、一つ後の文字を消去する所です。必要に応じてうまく使い分けましょう。

メモ帳に、アルファベットで大文字A〜Zと小文字a〜zを入力してみましょう。