サブルーチンを使う


ここでは、簡単なサブルーチンの使い方を解説します。サブルーチンを使えば、プログラムをいくつかの部分に分けることができます。例えば先ほどのサンプルプログラム6は大きく分けて

に分けられます。入力する部分を nyuryoku サブルーチン、計算する部分を keisan サブルーチン、表示する部分を hyoji サブルーチンとして定義しましょう。サブルーチンは

の形をしています。まず始めにサブルーチン名を * の後に書きます。そしてサブルーチンで実行する命令を書いて、最後に return と書きます。サブルーチン名から return までが、サブルーチンです。例えば、nyuryoku サブルーチンは

となります。簡単に解説します。

同様にして、keisan サブルーチン、hyoji サブルーチンは次のように書けます。

これらのプログラムを呼び出すには、gosub 命令を、次のように使います。

gosub 命令で呼び出されたサブルーチンは、return 命令があるまで順番に実行され、return 命令に出会うと呼び出されたところへ戻ってきます。そしてそれからまたプログラムを実行していきます。

以上を基に、サブルーチンを使ってサンプルプログラム6を書き直すと、次のようになります。

サンプルプログラム7

プログラムの解説をします。

プログラムの実行は次のようになります。

では、プログラムを実際に実行してみましょう。サンプルプログラム6の時と同じように n = 2, x0 = 2, a(i) = 2, 3, 1 と入力すると

となり、サンプルプログラム6の実行結果と一致します。