for 命令を使う


サンプルプログラム7では、行番号 40 から 70 までの部分が、変数 i を i = 1 から i = n まで1つずつ増やしながら n 回繰り返されます。こういう場合には、if 命令と goto 命令の代わりに for 命令を使うことができます。for命令は

のように使います。上のように書くと、まず、 i = 1 として 命令 1 ... 命令 k が実行され、次に i = 2 として同じように 命令 1 ... 命令 k が実行され、i = 3 として同じように.... という具合に続き、最後に i = n までなるまで i が1つずつ増えながら、命令 1 ... 命令 k が実行されます。この for 命令を使って、サンプルプログラム7を書きかえると、次のようになります。

サンプルプログラム8

プログラムがちょっと短くなりました。注意しておきますが、行番号 40 と 50 の命令の部分がインデント(字下げ)されているのは、見た感じが良いのでそうしているのであって、BASIC の文法上はインデントをする必要はありません。ここの部分は繰り返し行われるので、インデントして強調しているだけです。先程説明したように、この行番号 40 と 50 の部分は、 i = 1 から n まで i が1つずつ増えながら n 回繰り返して実行されます。ですから、上のプログラムで 1 から n までの和が計算されます。プログラムを実行してみましょう。

n として 100 を入力し、Enter キーを打ちます。

1 から 100 までの和 5050 が表示されました。