課題(その2)


次の計算を行うプログラムを作り、実行例の通りに動作することを確認した後、プログラムを適当な名前で保存し、

kitamoto@edu.yamaguchi-u.ac.jp

へ e-mail で送れ(添付ファイルを用いよ)。

(1) 多項式 f(x) と数値 x0 を入力し、f’’(x0) ( x = x0 における2次微分値)を計算するプログラム。下に実行例を示す。(ヒント:サンプルプログラム 6 を参照せよ)

(2) sin(π)=0 を用いて、ニュートン法により π の近似値を計算せよ 。実行例を下に示す。(ヒント:サンプルプログラム 4 を参照せよ)

ただし、BASIC では、sin x は sin(x)、cos x は cos(x) として使う。例えば、次は sin(0.1) と cos(0.1) を表示するプログラムである。