LinuxMLDVインストール

                                                               平成1178日 西

 

 

インストール  参照先:マニュアルp11〜p13

1.Windows9598立上げ

2.[マイコンピュータ]C:]として

  ディスクの空き領域確認 400MB 700MB

3.LinuxMLDVのCD-ROMをセット

4.フルインストール(400MB)でインストール

  ブートフロッピー作成は[キャンセル]でよい

5.64MB以上メモリに対応  参照先:マニュアルp88

  C:\MLD3LOAD\KERNAL.PAR に

  64MBなら “mem=63MB を追加する

6.Windows9598を終了

 

 

システム起動、終了 参照先:マニュアルp15〜p22

1.CD-ROM入れたままで、コンピュータ起動

   コンピュータ起動時に F8” を押しつづける

2.起動モード選択画面で Command prompt only

  を選択、Enter

3.C:¥>MLD3LOADLINUX

  root disk ……で止まるようならば、Ctrl-D をする

 

 

4.

Display mode check

 
                        が出たら “ok” をクリック

 

OK

 
 

 


5.CD—ROMを取り出し、Root でログイン

Login: root

Passwd:

passwd

  New passwd:  hogehoge

  Retype new passwd:  hogehoge

# passwd  guest

 で、guestもパスワード設定しておく

6.システム終了

   下記 (1),(2) のどれか

(1) マウス左クリック−[Exit fvwm][Yes, Really Quit]

     login:  shut

    passwd:

    (2) # shutdown  –h  now

 

 *.コンピュータ起動時に F8” を押しつづけるのが難しい場合は、

   “Windowsのマルチコンフィグで選択できるようにする。

                              参照先:マニュアルp17〜p1

 

ファイルシステム追加 

                                参照先:マニュアルp101〜p102

1.# dd  if=/dev/zero  of=/bootfs/loop/X11R6

                          bs=1k  count=80000

# dd  if=/dev/zero  of=/bootfs/loop/home1

                      bs=1k  count=200000

    # losetup  /dev/loop1  /bootfs/loop/X11R6

# losetup  /dev/loop2  /bootfs/loop/home1

# mkfs  –t  ext2  –b  1024  /dev/loop1

# mkfs  –t  ext2  –b  1024  /dev/loop2

# mv  /usr/X11R6  /usr/X11R6–org

# mkdir  /usr/X11R6

# mount  /dev/loop1  /usr/X11R6

# cp  –a  /usr/X11R6–org/*  /usr/X11R6

# mkdir  /home1

# mount  /dev/loop2  /home1

2.# cp  /etc/fstab  /etc/fstab–org

mule を起動して /etc/fstab に以下を追加

# mule  /etc/fstab

   /bootfs/loop/X11R6  /usr/X11R6  ext2  loop  0  0

   /bootfs/loop/home1  /home1    ext2  loop  0  0

3. 再立ち上げ

Xサーバがうまく立上がれば、以下をして領域確保

# df

# rm  –r  /usr/X11R6–org

# df

 

. なお,Windows9Xとのファイル交換はroot権限で /bootfs

  ディレクトリを通じて行うことができる。

 

情報コンセント接続

1.  linuxMLDV立ち上げ後、rootでログインする

2. マウス左クリック— [ControlPanel] — [ネットワーク] —

  [インターフェイス] で、eth0を選択,編集する。

IPアドレスを 172.19.0.0

ネットマスクを 255.255.0.0

プロトコルを dhcpにして設定,セーブ,終了

3.  #ifup eth0  とするか 再立ち上げをする。

    # /sbin/ifconfig  –a

   とすると、

     IPアドレス=172.19.3.xxx

         ホスト名 = dhcp–xxx      

   などが割り付けられているのがわかる。

  割り付けられていないようであれば,

  #dhcpcd  eth0 をする。

  

 

ユーザ登録  参照先:マニュアルp45

1.  rootでログイン

2. マウス左クリック— [Control-panel]—[ユーザー&グループ]

  グループ[追加]

       グループ:staff1

       GID501

  ユーザ[追加]

   ユーザ名:ユーザ名(sxx22nnn

   暗号化パスワード−[変更]:パスワード

   UID : 501(デフォルトのまま)

   GID : 501(デフォルトのまま)

   氏名 : your name

      ホームディレクトリ : /home1/ユーザ名

   シェル : /bin/bash (デフォルト)

       好みだが、/bin/tcsh にしよう

 

 

ユーザの環境設定

1.   cd  /home1/ユーザ名

# cp  .Xdefaults  .Xdefaults–org

# cp  /home/guest/.Xdefaults  .

# cp  /home/guest/.emacs  .

2.  環境ファイルのダウンロード:

# cd

# cp  .bashrc  .bashrc–org

# ftp  172.19.1.2

           ftp

          e-mail address

     ftp> ascii

    ftp> cd   pub/linuxmld

     ftp> get  root/.bashrc

    ftp> lcd  /home1/ユーザ名

     ftp> mget  user/*

     ftp> bye

     # source  ~/.bashrc

     # cd  /home1/ユーザ名

    # chown  ユーザ名  .cshrc

     # chown  ユーザ名  .emacs

     # chown  ユーザ名  .rhosts

    # chgrp   staff1    .cshrc

     # chgrp   staff1    .emacs

     # chgrp   staff1    .rhosts

     # chmod  600  .rhosts

     # mule  /etc/hosts  以下を追加する

    133.62.208.11   edu–sv1

        133.62.220.108  popai

        172.19.1.2      dhcpserv

        172.19.1.3      dhcp–pr0

        172.19.1.4      dhcp–pr1

        133.62.220.109  mispr0

 

 

X端末としての使用法

. ユーザ名(自分)でログイン

    % /sbin/ifconfig  –a

       で、自分のIPアドレスを確認しておく

  % telnet  edu–sv1

    edu-sv1% mule  .rhosts  で以下を記述

             172.19.3.xxx  ← 自分のIPアドレス

            (133.62.220.108)

        Ctrl-X , Ctrl-S で保存し、Ctrl-X , Ctrl-C で終了

  edu-sv1% logout

    % type  .rhosts  で以下が記述されていることを確認

        133.62.208.11

2.  % xhost  +edu–sv1

      としておけば、以下のコマンドで相手マシン(edu–sv1)

      の窓を自マシン(dhcp–xxx)に表示させられる

    % xon  edu–sv1  mule  –geometry 70x20–0+40

                            –display  172.19.3.xxx:0.0 &

    % xon  edu–sv1  kterm  –sb  –km  euc

                            –display  172.19.3.xxx:0.0 &